あなたへ

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0491445.jpg
【あらすじ】 北陸の刑務所に指導技官として勤務する倉島英二(高倉健)は、亡くなった最愛の妻・洋子(田中裕子)が生前にしたためた1通の絵手紙を受け取る。そこには「故郷の海に散骨してほしい」と書かれてあった。英二は洋子が生前には語らなかったその真意を知るため、キャンピングカーに乗り彼女の故郷・九州へと向かう。その道中で出会うさまざまな人々。彼らと交流し、悩みや思いに触れていくうちに、妻との何気ない日常の記憶が蘇ってくる。2013年第36回日本アカデミー賞にて優秀作品賞を受賞。


e0059574_0493660.jpg
登場した全ての人々が、作品を包む空気や色になじみ、穏やかな中にも1本芯の通った作品だった。ちょっと見直したのがビートたけし。ヴェネチア映画祭によくしゃしゃり出てくるたけし、そしてそんな彼を天才と呼ぶ業界のイタリア人に、何やら胡散臭いものを感じていたけれど、今回の彼は不思議とすんなり私の心に入ってきた。やられたな、って感じ。


e0059574_050102.jpg
『八甲田山』『駅 STATION』『南極物語』『居酒屋兆治』『ブラック・レイン』に続いて、健さんの作品はこれで6本目。寡黙なだけに、核心を突いた健さんの言葉は、直球で胸に響いてくる。制服フェチの私は、彼の制服姿に痺れました。田中裕子が歌う「星めぐりの歌」も、心が丸くなる歌声や歌詞にほろり。

製作国:Japan
公開年:2012年
監督:降旗康男
キャスト:高倉健, 田中裕子, 佐藤浩市, 草なぎ剛, 余貴美子, 綾瀬はるか, 三浦貴大, 大滝秀治, 長塚京三, 原田美枝子, 浅野忠信, ビートたけし ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-03-18 00:52 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Paperman (紙ひこうき... Curfew (リッチーとの一日) >>