メイド・イン・ジャパン 全3話

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0533387.jpg
【あらすじ】 円高・欧州債務危機・中国・韓国等新興国の追い上げ。製造業が軒並み危機を迎える中、巨大電機メーカーのタクミが「余命3ヶ月」の倒産の危機に追い込まれた。そこで営業部長・矢作(唐沢寿明)が会長(岸部一徳)の特命で、社内には極秘に7人の「再建チーム」を結成、倒産回避に奔走する。だが彼らの前に中国の新興電機メーカー・ライシェの日本人技術者、かつての矢作の同僚・迫田(高橋克実)が立ちはだかる。「技術は誰のものか?」という争いの中、日中の巨大企業の激突が始まる。1953年2月1日にNHKがテレビの本放送をはじめてから60年の節目を迎えたことを記念して制作されたドラマで、キャッチコピーは「生み出すために、生きてきた」


e0059574_0535019.jpg
豪華キャスト!観ているうちに、私も日の丸の旗を背負っていた。オリンピックでもないのに、「日本、頑張れ!!!」と応援していた。昭和の企業戦士と平成の若い社員の会社に対する考え方の違いや、再建チームのメンバーとその家族のかかわり合い、夫と妻や父と子の確執などを織り込みながら、モノを作る人間の気概というものを見せてもらった。高橋克実が素晴らしい。地味ながら平田満はいつも存在感がある。


e0059574_0541242.jpg
この人、どこかで観たことがあるなと思ったら、『ATARU』で強烈なオーラを放っていたっけ。中村靖日、一度観たら忘れない。どうでもいいことなんだけど、唐沢くんがつけていたネクタイって、どれもこれも超センス悪っっ。

製作国:Japan(NHK)
放映日:2013年1月26日~2月9日      
演出:黒崎博
脚本:井上由美子
キャスト:唐沢寿明, 高橋克実, 吉岡秀隆, 國村隼, マイコ, 斎藤歩, 中村靖日, 平田満, 大塚寧々, 刈谷友衣子, 酒井美紀, キムラ緑子, 金井勇太, 及川光博, 岸部一徳 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-07 00:54 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Inseparable 形影不... 20 sigarette >>