神様のボート 全3話

私のお気に入り度 ★★☆☆☆(50点)

e0059574_4153735.jpg
【あらすじ】 野島葉子(宮沢りえ)には音楽大学時代のバッハ指導教授で30歳年上の夫(石橋凌)がいたが、沢木哲哉(藤木直人)と出会い骨ごと溶けるような恋をした。しかし沢木はある事件に巻き込まれて、莫大な借金を抱えている。「どこにいても俺は必ず葉子ちゃんを見つけ出す。」と告げ、妊娠している葉子に気付かず去っていった。こうして幼い子供を連れてひたすら引越しを続ける葉子の旅が始まる。「私はあの人のいない場所にはなじむわけにいかないの。神様のボートにのってしまったから」 しかし10余年の歳月が流れ、成長した草子は、まだ見ぬ父を待ち続ける母の生き方に納得できなくなるのだ


e0059574_4155071.jpg
最近のNHKドラマは、お昼のメロドラマ以下の安っぽいストーリー展開で、やってられない。そしてそんなドラマを観てここで文句言ってる自分が情けない。ところでこれは↑↑↑宮沢りえちゃん?貞子でしょ?沢木@藤木の背骨がセクシーとか、彼の背中のくぼみはオーダーメイドみたいって、意味不明なことを口走ってるし┌( ̄. ̄)┘ 葉子@りえちゃんの頭の中には、お花畑が広がってるのかなぁ。


e0059574_4155986.jpg
藤木くんは時代劇向きかな? ラブストーリーの彼って、どこか安っぽくてダメ。どの人も残念な中で、石橋凌はなかなかよかった。刑事役の彼を見慣れているから、音大教授というのがピンと来なかったけれど、ちょっとくたびれた雰囲気のある彼が地味によかった(*^^*) 江國香織のデビュー作はそこそこ好きだけれど、彼女も作品も苦手。

製作国:Japan(NHK BSプレミアム)
放映日:2013年3月10-17-24日      
演出: 源孝志
原作::江國香織
キャスト:宮沢りえ, 藤木直人, 森川葵, 中原丈雄, 丘みつ子, 石橋凌, 並木史朗, 山崎直子, 泉晶子, 根岸季衣, でんでん ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-14 04:17 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Sulla strada di... Luce dei miei o... >>