La leggenda del pianista sull'oceano (海の上のピアニスト)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_1112072.jpg
【あらすじ】 1900年のある日、ヨーロッパ~アメリカ間を往復する豪華客船のヴァージニアン号に、1人の赤ん坊が捨てられていた。その子を見つけた黒人の機関士Danny(Bill Nunn)は、自分の子供のように可愛がり、1900(ナインティ・ハンドレット=Tim Roth)と名付けた。豪華客船の上で生まれ育ち、一度も船を降りなかった天才ピアニストの一生を、彼とほぼ同時期に乗船した音楽バンド仲間Max(Pruitt Taylor Vince)が、トランペットを売るために入った中古楽器店の親父(Peter Vaughan)に懐かしさを込めて語る。Alessandro Bariccoのmonologue Novecentoを映画化。


e0059574_1114686.jpg
160分以上に及ぶ長編でも、作品によっては最後まで目が離せず一気に観るけれど、本作品は映画館でも自宅でも途中で寝てしまった。ピアノの音色があまりにも心地よすぎるんです。


e0059574_112525.jpg
Giuseppe Tornatore監督は長い作品が好き…ですね。Tim Rothが若っ!!!豪華客船の大ホールをグランドピアノがぐるぐる回る中、1900がピアノ演奏するシーンはダイナミックで素晴らしく、軽い船酔い症状に陥りました。

製作国:Italy
初公開年:1998年
監督:Giuseppe Tornatore
原作:Alessandro Baricco "monologue Novecento"
音楽:Ennio Morricone
キャスト:Tim Roth, Pruitt Taylor Vince, Bill Nunn, Clarence Williams III, Mélanie Thierry, Gabriele Lavia, Peter Vaughan ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-24 01:11 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ガリレオ 第2シーズン 第1話 TAKE FIVE ~俺たちは... >>