Carnage (おとなのけんか)

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_0563717.jpg
【あらすじ】 ニューヨーク、ブルックリン。Zachary Cowan(Elvis Polanski)がEthan Longstreet(Eliot Berger)の顔を棒で殴ったという11歳の子供同士の喧嘩の後、彼らの両親が話し合いのため集まることに。リベラルな知識層であるMichael & Penelope Longstreet夫妻(John C. Reilly & Jodie Foster)は、Alan & Nancy Cowan夫妻(Christoph Waltz & Kate Winslet)を家に招くが、冷静に平和的に始まったはずの話し合いは、次第に強烈なテンションで不協和音を響かせる。やがてお互いの本性がむき出しになっていき、夫婦間の問題までもが露わになっていくのだった。マンションの一室で繰り広げられる舞台劇。


e0059574_0564852.jpg
子どもの喧嘩の始末に双方の親がしゃしゃり出てきために、穏便におさまるものが修羅場と化していく。ちょっとした拍子に、どんどん話がズレていく。言葉尻をとらえて、毒舌の応酬合戦。喧嘩の仕方や合いの手の入れ方に、4人のキャラがきっちり反映されて面白い。


e0059574_0571120.jpg
くすぶっていたものに着火して、とうとう全焼に至る。携帯電話や固定電話のタイミングが絶妙なのです。


e0059574_0572864.jpg
理性的で冷静沈着なChristoph Waltzが、子どものように慌てふためいていじけちゃう。この激しい落差は爆笑ものですぞ(⌒▽⌒)  でも、ハムスターの飼育放棄はダメですよぉ。いやぁ、報復絶頂の傑作でした。『戦場のピアニスト』と同じ監督だったんですね(O_o)

イタリアでリメイクするとしたら、Michael & Penelope夫妻にGiuseppe Battiston & Giovanna Mezzogiorno 、クールなAlan & Nancy夫妻にはFabrizio Bentivoglio & Margherita Buyあたりが適役?修羅場が見ものだわぁ(滝汗)

製作国:France, Germany, Poland, Spain
初公開年:2011年
原作:Yasmina Reza
監督:Roman Polanski
キャスト:Jodie Foster, John C. Reilly, Kate Winslet, Christoph Waltz, Elvis Polanski, Eliot Berger, Patrizia Piccinini, Enrico Salimbeni, Paolo Maria Scalondro ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-04 01:06 | - Other film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2013-05-05 19:36 x
amoreさん、こんばんは!
この映画、好きです♪4人のイライラムカムカドッカーン!ぶりが笑えました。特にジョディ兄貴の超めんどくさいインテリおばさんぶりと、ヴァルツ氏の上から目線なテキトーぶりがプププっでした。
子供と携帯とハムスター、よかったねと安堵♪
日本で舞台化したら、誰がいいでしょうか?ぜんぜん思いつかないけど…
Commented by amore_spacey at 2013-05-06 00:27
☆ 松たけ子さんへ。
ジョディの切れっぷり、レイリーのKYな馬鹿っぷり、ウィンスレットのカマトト振り、ヴァルツの豹変振り、それそれがめちゃくちゃ可笑しかったですね。最初に引き止められたときに、さらっとかわして帰宅すればよかったものを、ケーキの言葉にのせられて・・・。ああん、もうっ、イライラッ!って感じでした。日本版だったら、誰がこの役というのはさておき、三浦友和やトヨエツや阿部ちゃん。彼らの切れっぷりを見たいから。女性陣は中谷美紀ちゃん。熟年層なら黒木瞳や大竹しのぶや原田美枝子なども、面白そう^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 闇の子供たち The Pianist (戦場... >>