終(つい)の信託

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0114438.jpg
【あらすじ】 折井綾乃(草刈民代)は、患者からの評判も良い呼吸器内科のエリート医師。しかし長く不倫関係にあった同僚の医師・高井(浅野忠信)から別れを告げられ、失意のあまり自殺未遂騒動を引き起こしてしまう。そんな彼女の心の傷を癒したのは、重度の喘息で入退院を繰り返していた患者、江木秦三(役所広司)の優しさだった。


e0059574_012149.jpg
脳死、治療と延命、延命拒否、安楽死、医療か殺人か?訴訟、検察官の尋問や調書の取り方。閉じた世界で生じる問題だけに、立場の違いで物事の捉え方が180度変わる。意図的に変えられる部分も多分にある。こういった問題にかかわる医師や裁判官や検察官は、人間の尊厳をどう捉えているのだろう。法や医療は全ての頂点にある、と考えているのだろうか?折井医師を「お前」呼ばわりし、調書をでっちあげた塚原(大沢たかお)のような傲慢不遜な検察官や裁判官が野放しになっている。「治療してやってるんだ」という勘違い医師もいる。誠に恐ろしいことである。


e0059574_0121432.jpg
些細なことなんですが、草刈民代の前のめりになった早口が、落ち着かない。優雅で洗練された立ち居振る舞いにあの早口がちぐはぐで、彼女の喋りになると、いつもドキドキしてしまう。噛むんじゃないかって…。

製作国:Japan
初公開年:2012年
監督:周防正行
キャスト:草刈民代, 役所広司, 浅野忠信, 大沢たかお, 細田よしひこ, 中村久美 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-05-11 00:13 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Radiofreccia (ラ... La torre d'... >>