天国からのエール

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_13584463.jpg
【あらすじ】 沖縄の田舎町・本部町で小さな弁当屋「あじさい弁当」を営む大城陽(阿部寛)は、弁当を買いに来る高校生たちが放課後にバンドの練習をする場所がないことを知り、弁当屋のガレージをスタジオにすることに決めた。陽には、音楽が好きな彼らを支えてやりたいと思うある理由があった。小さな弁当屋を営むかたわら、無料音楽スタジオ「あじさい音楽村」を設立し、ミュージシャン志望の高校生たちを応援した故・仲宗根陽の実話を映画化。


e0059574_13585746.jpg
高校生の成長に大人が手を貸してやるキラキラ青春映画だと思ったら、自分の力で生きていくことを教えてくれる、静かで確固とした信念や情熱が伝わってくるドラマだった。朴訥として口下手な陽は、たぶん普段の阿部ちゃんの姿なんだろうな。ぜんぜん不自然じゃない。


e0059574_1359813.jpg
私も小さな田舎で育った。何もない、窮屈で退屈、隣組制度、保守的な村の空気が、若者の夢をどんどん摘み取っていく。ある者は都会に出てそれっきり、ある者は1度都会に出てからまた村に戻って来る、また村で一生を終える者もいる。大城陽のような大人が増えたら、過疎化に歯止めがかかり村おこしができる。地域に大きな活力が生まれる。

ミムラって可愛いだけのモデルじゃないのね。最初は単なるオバサンにしか見えなかったのに、話が展開するにつれ表情がとても豊かになり、頼りになる弁当屋のお姉さんになっている。あんな弁当屋が、私の通った高校の近くにあったらなぁ。阿部ちゃん目当てで、毎日行っちゃうよ(*^^*)

製作国:Japan
初公開年:2011年
監督:熊澤誓人
キャスト:阿部寛, ミムラ, 桜庭ななみ, 矢野聖人, 森崎ウィン, 野村周平, 吉田妙子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-08 05:12 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Diverso da chi? Il rosso e il b... >>