吾輩は猫である

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0164811.jpg
【あらすじ】 文明中学の英語教師、苦沙弥(仲代達矢)の家に一匹の猫が、半ば強引に住みついた。苦沙弥家は細君(波野久里子)と3人の女の子、女中のおさん(上原ゆかり)の6人暮しである。苦沙弥を除いて全員猫は嫌いなのだが、苦沙弥は、追い出されてもすぐ戻るふてぶてしさに感心して飼うことにする。この家には迷亭(伊丹十三)とか苦沙弥の弟子の寒月(岡本信人)が、主人の姪の雪江(島田陽子)を目当てに、口実をつくってはよく顔を出す。堅物の寒月が、実業家、金田(三波伸介)の娘、富子(篠ひろ子)に恋をした。にわか成金の金田は落雲館中学の後援者だが、苦沙弥は出世と金儲けのために政治を利用している金田を許すことができなく、そのために家から目と鼻の先きにある落雲館をさけて、通勤に不便な文明中学に奉職しているのである。


e0059574_017235.jpg
子どものころ挿絵入りの本で、この作品を読んだ。その挿絵の吾輩は、記憶違いでなければ三毛猫だった。ところがこの作品に登場する吾輩は、限りなく黒に近いグレー。ずっと三毛猫だと思っていたので、グレーの猫には違和感があり、それが気になって作品の中に入っていけなかった。が、苦沙弥先生一家に起きる珍事件が面白可笑しく、知らないうちに違和感は消えていた。どの逸話もそれなりに笑えるが、泥棒が苦沙弥の家に入る事件は、やはりヴィジュアル化すると面白さが増す。


e0059574_0171377.jpg
38年前の作品だから、どの役者も実に若い。岡田英次や三波伸介のように故人もいる。仲代達矢の目ぢからは、若い頃から鍛えられていたんだな。所帯じみているが、夫の舵取りが上手い波野久里子が健気。これぞ日本の庶民の女性像だ。岡田茉莉子の嫌味な女っぷりといい、だらしなく餅菓子を食べる篠ひろ子といい、舌足らずな緑魔子といい、女性陣が個性豊かで痛快。ただ、猫を蹴ったり放り投げたりするシーンには、残念感が強い。あれはイエロー・カードでしょう。うちのハムスターがあんなことされたら、私、激怒して訴えますことよ。

製作国:Japan
初公開年:1975年      
監督:市川崑
原作:夏目漱石
キャスト:仲代達矢, 波野久里子, 伊丹十三, 岡本信人, 島田陽子, 岡田茉莉子, 篠ひろ子, 篠田三郎, 前田武彦, 左とん平, 三波伸介, 神山繁, 緑魔子, 春川ますみ, 上原ゆかり, 蟹江敬三, 岡田英次 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-21 01:13 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by turezure-italia at 2013-06-22 07:03
こんばんは!

いやー。岡本信人ってこんな昔からいるんですね!昔からはずせない脇役だったんだ、とびっくりしましたよ。

岡田英次もいいわ~。前に田宮次郎版「白い巨塔」にも田宮次郎の親友のお兄さん役で出ていて、いかにも善良そうな外見が◎でした。(これには島田陽子も出てました。)私は爽やか2枚目だったころの岡田英次が一番好きなんですけど♪って昭和20、30年代の映画です。

仲代達也って今でこそ演技派のおじいさん役がはまっているけれど、昔は結構ニヒルな役もやってましたよね。メジャーなところだと黒澤明の「用心棒」の卯之吉役なんか、ニヒルな笑いを浮かべて拳銃を取り出すところがたまりません。この苦沙弥先生は、ニヒル臭さがないですね。

かつては日本映画にはまって見ていた時期があったので、色々懐かしい面々が出てきて、つい熱く語ってしまいました!
Commented by petapeta_adeliae at 2013-06-22 10:16
豪華キャストですね。
上原ゆかりってマーブルチョコレートの子役だったひと?

ソーニャも我が輩は三毛猫だと思っていました。なぜ?
ちなみに母の実家では三毛猫をサンケ猫といいます。
なので飼っていた猫の名前は"サンケ"でした。
Commented by amore_spacey at 2013-06-24 02:00
☆ turezureさんへ。
岡本信人って昔も今も老け顔で、息が長い役者ですよね。全然変わっていません。えー、田宮版「白い巨塔」に、岡田英次も出ていましたっけ?うぅ、記憶が・・・。あのドラマには、2枚目が揃っていたんですね。島田陽子はついにAV女優に転向しましたが、若い頃から、ちらりちらりと肌を見せる役が多いですね。この作品でも、入浴シーンがとっても色っぽかったです。

話はそれるんですが、仲代達矢が主催する「無名塾」に入っていた真木よう子が、仲代と喧嘩して退塾した逸話があるそうですが、あの彼を相手に喧嘩する真木よう子ってすげぇ頼もしい女だなぁと感動しました。
Commented by amore_spacey at 2013-06-24 02:02
☆ ソーニャさんへ。
やっぱり三毛猫ですよね。苦沙弥先生も、「うちの三毛が・・・」って言う台詞があるんですよね。サンケちゃん、可愛らしい名前ですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Oggi sposi L'Italien (... >>