雲の階段 (第6~10話)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1484044.jpg
【あらすじ】 過疎の島・美琴島の診療所の事務員・三郎(長谷川博己)は、亜希子(木村文乃)の父親(内藤剛志)が院長を務める東京の田坂総合病院で、外科医師として働き始め、亜希子と結婚する。田坂院長から副院長就任を打診され副院長に就任。何者かの怪文書により無資格医であることが院長にばれてしまうが、彼は既に知っていた。しかし無資格医を採用し手術をさせた事実がばれては、病院の責任問題に発展することや、自分の病院内での権力を高めるためにも、この事実を公表せず、娘婿の三郎を以前と変わらず副院長として働かせることにする。その後三郎は、経験したことが無い血管外科手術を断行した結果失敗し、田坂院長から今後一切の医療行為を禁じられる。


e0059574_1491356.jpg
エーン、終わっちゃったァ。色白で背が高く、手が大きくて指が長い。その後ろに野性的な部分と危うさが見え隠れするハセヒロ。そんな彼にもう会えないなんて・・・(T^T) 「ハセヒロってめっちゃカッコいい表情の時と、冴えないダメンズな時の落差が激しい」と鋭い指摘をする娘。そーなんだよ。しかも若いのに、覇気がないのか老成しているのか?単に愛想をふりまくのが面倒なだけ?つかみ所のない不思議な役者だ。私が好きなのは、手櫛で無造作に整えただけの髪に、前髪を下ろしてデコを隠し(デコありハセヒロって間抜けё_ё;)、無精ひげがうっすら口の周りに生えている彼。とにかく彼から目が離せない。


e0059574_1485846.jpg
最終話の1つ前はたいていどのドラマも、急展開&大事件が起きる。だからある程度の予想と覚悟はあったが、このドラマの第9話は超絶展開すぎて、「それはないだろう?」 いつの間にか三郎は、経営や設計&建築も出来るスーパーマンになっているし、救急病棟は急ピッチで出来上がっていくし、高岡くんや野上先生はどんどん善人度が高まっている。ありゃ、やりすぎだ。今まで丁寧に作りあげてきたものが、第9話で蹴散らされてしまった。それにしても、金田事務長の逃げ方には、笑えた。院長の愛人・外科医の復讐は、当然といえば当然か。


e0059574_1493021.jpg
そして最終話も、「ええーーっ?」の連続だった。三郎の逮捕(これは想定内)・田坂総合病院の売却・何もかも失う田坂院長・出血多量の三郎、そして南国の島の逸話・・・。第9話で弾けすぎたために、収拾がつかなくなった感じすらする。が、きっちり幕を下ろすより、色んな解釈が出来るあの終わり方が、このドラマには合っていると思う。手錠をかけられるときに差し出した三郎の両手首や、刺される直前にアップになった彼の指や首筋のエロさに、ドキッ。ったく、身体じゅうのパーツがエロすぎるよ、彼。加賀まりこちゃんは、老けメイクをしても可愛らしくて、胸きゅん(*^^*)


e0059574_1494264.jpg
忘れちゃいけないのが、B'zのエンディング♪ 毎回あのイントロが始まると、次週への期待が嫌でも高まった。B'zがこんなにカッコいいロック・バンドだったなんて、知らなかった。デビュー当時までさかのぼって、聞きまくりだ。この夏はB'zに決まり!

製作国:Japan(日本テレビ)
放映日:2003年5月22日~6月19日
演出:岩本仁志
原作:渡辺淳一
キャスト:長谷川博己, 稲森いずみ, 木村文乃, 萩原聖人, 内藤剛志, 多岐川裕美, キムラ緑子, 大友康平, 加賀まりこ ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-06-24 01:49 | - Japanese film | Comments(10)
Commented by ヒマワリ at 2013-06-24 04:09 x
日本のドラマは、スウェーデンにきてから、ほとんど見ていないので、久しぶりに見ると、俳優、女優がふけたなと思ってしまうのですが。。。自分もそうなのでしょうが(笑)。ことろで、稲森いずみですが、前は、きれいと思ったのですが、やせすぎなせいでしょうか?ふけたなと思うのは、私だけ? あと、B'sも久しぶりに聞きました。昔、付き合っていた彼が好きでよくきいていたのを思い出しました♪。
Commented by xthneh5d at 2013-06-24 05:44
amoreさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。
私もこれ見ておりましたが、プレ最終回といい、最終回といい、なんか今ひとつでした。
途中のハセヒロのうつろな危うさがよかった分、つくづくドラマの着地って難しいですねー。
来期は私たちのアイドル井の頭五郎ちゃんのシーズン3が楽しみです。
第1回は日本で見まーす!
Commented by 松たけ子 at 2013-06-24 21:58 x
amoreさん、こんばんは!

終わっちゃいましたね~。いろいろツッコミどころの多いドラマで楽しかったです。長谷川博己、今まで正直苦手だったのですが、このドラマでは男前に見えて好きになりました。
夏は面白そうなドラマがなくて、ちょっと寂しいです。
ビーズも息が長いですよね。こないだMステで久々のTV出演してましたね。過去のヒット曲歌ってくれて、何だか懐かしかったです。ウルトラソウル♪
Commented by petapeta_adeliae at 2013-06-24 23:40
刺されてベンチに座ったままだったのが、最後は南の島で医療に
携わっているのが・・・理解できまへんでした。
ひょっとしてあの世だったのかな?

稲森いずみの演技を初めてみたのですが、ただただ不気味でした。

B'sのボーカルの人、要潤+稲垣吾郎÷2ですね。
Commented by amore_spacey at 2013-06-25 00:35
☆ ヒマワリさんへ。
日本のドラマはYou tubeやネットでDLできるようになってから、日本にいるときより観ていますョ。なので1990年代の役者のことはちょっと情報手薄で知らないことが多いのですが、最近の若手男優(やっぱり女優より男優のチェック度が高いのでぇ…)のことなら、かなり詳しいかも。でも偏食が激しいので、知らない人はノーマークで全く知りませんデス。B'z、いいですよね~♪♪♪トーク番組の彼らも、ノリが良くて好きです^^ 
Commented by amore_spacey at 2013-06-25 00:42
☆ xthneh5dさんへ。
こちらこそ御無沙汰していて、ゴメンなさい。最近ブログ巡回をめっきりしなくなってしまって…。後ほどまた突撃しますので。そうそう、ハセヒロの目はドラッグやってる人みたいに?腐りかけの魚みたいに(って、、、例えが酷いな、汗)?泳いでいて空ろですねェ。『セカンド・バージン』ではそんな彼にイラッとしたこともありましたが、あれが彼の持ち味ということが分かって以来、蟻地獄に足をとられたように、じわじわ彼の魅惑にハマリつつあります。わー、五郎~♪ 私も3~4回分くらい、日本で観ま~す!楽しみですね。
Commented by amore_spacey at 2013-06-25 00:45
☆ 松たけ子さんへ。
終わっちゃいましたよぉ、シクシク。私もね、苦手とは言わないまでも、結構イライラするキャラの役者だなぁと、『セカンド・バージン』を観て以来、気になっていました。彼はメイクや服によっても、雰囲気が大きく変わりますね。今回は◎ 

♪Do it Do it Do it Do it♪とか♪ウルトラソウル、ヘイ~!♪ですねっ。元気出ます!You tubeでガンガン聞いてますよ~^^
Commented by amore_spacey at 2013-06-25 00:48
☆ ソーニャさんへ。
刺されたあと、①彼は出血多量で死亡、魂が南国に飛んでいった。②奇跡的に助かったあと、日本を脱出して南国で診療所を開いた。の、どちらかですよね。B'zの稲葉浩志は、口元が福山雅治に似てると思いませんかぁ?!?
Commented by sandonomeshi at 2013-06-25 06:06
エミリアさん、大変ご無沙汰してしまいました。でもブログは楽しみによく見に来てたんですよ。
ハセヒロ、特に好みのタイプとか好きとか意識したことなかったのに、何となく気になる俳優さんだったのですが、この雲の階段でエミリアさんの言葉を借りると「蟻地獄に足を取られたようにじわじわ・・・」と言う感じです。「八重の桜」でもすっごく気にしてみてます。
ほんと最終回前では「これ一体あと1回でどう収拾付けるんだろう?」と思ってましたが、案の定収拾つかなかった・・・ですね。
B'zって全く知らないんですが、この曲確かに胸キューンです。あのイントロのインパクト、歌い始めの鼻にかかったような声!!! リンクしてくださっていたyou tube の画像、懐かしくてもう一回ドラマを見直したくなってきました・・・。危険!!!
あとドラマのテーマ曲といえば「鴨、京都へ行く」の「いろはにほへと」by椎名林檎(よろしかったら・・・→http://www.youtube.com/watch?v=oHRPHVHbS2c)が気に入ってます!
Commented by amore_spacey at 2013-06-27 02:26
☆ sandoさんへ。
こちらこそ大変ご無沙汰しております。最近自分のブログに引きこもってばかりで、ブログ巡回をサボっております。ゴメンなさい。

そうそう、ハセヒロって不思議な人ですよね。私もタイプとかカッコいいとか、全く意識したことがなかったのですが、それでもどこか気になる。ひょっとして母性本能が刺激されてるからなのかしら?恐れていた通り、最終回はやっつけ仕事で逃げ切られてしまいました。偽医者がまかり通るなんて「ありえないこと」なのに、ドラマとして成立させているので、最後に収拾がつかないのも当然と言えば当然ですが・・・。

私もB'zはこのエンディングで初めて知りました。You tubeで彼らのアルバムを聞いてみたら、今まであちこちで聞いたことのあるものも。でもB'zの曲として意識して聞いたのは今回が初めてです。また見直したくなってきたでしょう、うふふっ^^ 

『鴨、京都へ行く』、聞いてみましたョ。テーマ曲よりサザエさんっぽいオープニング(とコメントにも書いてありました)が面白いですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Prada 2013-14 &... Oggi sposi >>