ハケンの品格

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)
元気が出る度 ★★★★★(100点)

e0059574_3445770.jpg
【あらすじ】 派遣社員として特Aランクの評価を受ける大前春子(篠原涼子)が3ヶ月契約で、丸ノ内にある食品会社「S&F」の営業事業部マーケティング課に雇われる。社内の人間関係に追われつつも、与えられたノルマを淡々とこなし、営業部長の桐島(松方弘樹)や上司の里中主任(小泉孝太郎)や東海林主任(大泉洋)に向かって、言いたいことを言う。契約した事以外はしないため、配属部署以外の部署の業務の手伝いなどは一切せず、たとえ役職者であっても直属の上司でなければ命令には従わない。休日出勤もしない。残業も一切しない。そんな彼女に周囲は振り回されつつも、徐々に認め始める。


e0059574_3462038.jpg
大前春子はオレ様的なデカイ態度の派遣で、仰ることは一々ごもっとも。なのに、絵を描かせれば幼稚園児よりヘタ、そして大好物はサバの味噌煮って、可愛過ぎる^^ 黙ってフォローする彼女の行動力と愛情は日本一。篠原涼子ちゃんは、メリハリがあって匙加減も絶妙で、潔い派遣だったな。ところで『家政婦のミタ』の定番台詞は、春子の「それは業務命令でしょうか?」のパクリ?!? 

ホッチキス打ち これはイタリア人にぜひ教えてやって欲しい。いや、その前に、2枚以上の紙を縦横きちんと揃えられるように、特訓してやって下さい。奴らの書類ときたら、紙はバラバラ、ホッチキスのハリの位置はめちゃくちゃで、イライラ。「ハケンライフ」マネージャーの一ツ木さん(安田顕)や、「S&F」嘱託社員の小笠原(小松政夫)さんは、ちょっと腰が低すぎ、自己卑下しすぎ。みんな王様なイタリアに、ああいうタイプのサラリーマンはいない。(苦笑) 元小泉総理の長男坊・小泉孝太郎くんは、本当に育ちがよさそう。彼のウルウルした目に、思わず守ってあげたくなりました。

製作国:Japan(日本テレビ)
放映日:2007年1月10日~3月14日
演出:佐藤東弥
キャスト:篠原涼子, 大泉洋, 加藤あい, 小泉孝太郎, 勝地涼, 小松政夫, 上地雄輔, 安田顕, 白川由美, 松方弘樹, 田口トモロヲ(ナレーション) ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-09-10 03:46 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2013-09-10 12:58
このドラマ、リアルタイムで見ていましたが、そんな前だったんですね。

派遣でなくても、若い方は「それは業務命令でしょうか?」って
言うんですよ。←かわいげないのよね。
番組内でまぐろの解体もあったと後輩が言ってます。

amore_spaceyさんが同じ国に住んでいたら、秋はどの番組を
みるか聞きたいところです。^^
Commented by amore_spacey at 2013-09-12 00:40
☆ ソーニャさんへ。
これを観て派遣の実情が若干わかりました。ドラマではかなり面白おかしく、大袈裟に描いていましたが、派遣の立場ってなかなか大変なようですね。「業務命令…」って、すでに日常語なんですかーー?あのまぐろの解体は豪快でしたね。秋のTVドラマ、これからチェックしてみまーす。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< G.I.Joe - Retal... Oblivion (オブリビオン) >>