Night Train to Lisbon (リスボンへの夜行列車)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_053617.jpg
【あらすじ】 古典文献学の教師Raimund Gregorius(Jeremy Irons)は、学校へと向かういつもの道すがらで、橋から飛び降りようとするポルトガル人の女性に出会った。彼女との奇妙な邂逅、そして古書店で発見した、ポルトガル語で書かれたPrado(Jack Huston)という作家の本。これをきっかけに彼は、職を捨て、それまでの人生をも捨てて、彼は何かに取り憑かれたように、リスボンへの夜行列車に飛び乗った。そしてPradoの人生をたどりながら、Pradoと関わった人に出会い、自分の人生と向き合っていく。


e0059574_08372.jpg
《一言感想》 機上鑑賞。時間切れで最後まで観ることができなかったので、一言だけ。今の生活を捨てて、ふらっとどこかに行って(みたい)しまいたい。別の人間に生まれ変わって、新しく1からやり直したい。多かれ少なかれ誰でもそんな願望を持っているが、実行に移す人は稀。Raimundはそれを実行した稀な人だ。現実には有り得ないようなストーリーに違和感を抱きつつも、そんな人生もありかな?なんて夢を見させてもらった気分だった。

製作国:U.S.A.
初公開年:2013年
監督:Bille August
キャスト:Jeremy Irons, Mélanie Laurent, Jack Huston, Martina Gedeck, Tom Courtenay, Bruno Ganz, Lena Olin, Charlotte Rampling, Christopher Lee ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-09-16 00:09 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< つやのよる ある愛に関わった、... お父さんは二度死ぬ >>