A casa nostra

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_173280.jpg
【あらすじ】 ミラノ。格式のあるレストランでランチをとりながら、銀行の幹部Ugo (Zingaretti)と起業家が黒いビジネスの打ち合わせをしている。この黒い取引き及びUgoの一部始終を盗聴するのは、財務警察の隊長Rita (Valeria Golino)。Ugoの情婦で高級娼婦のElodie(Laura Chiatti)。しがないスーパーの店員Gerry(Luca Argentero)。彼の妻(Valentina Lodovini)は病院の看護士。旧東ヨーロッパからイタリアに来て娼婦をしているBianca(Cristina Suciu)。ガソリン・スタンドの職員(Giuseppe Battiston)。彼らもミラノの片隅でささやかな暮らしを営んでいる。一見何のかかわりもない人々が、どこかですれ違っている、関わり合いを持っている。そんな商業の街ミラノ。


e0059574_181063.jpg
これぞ、Francesca Comenciniワールド!!! グレーで憂鬱な雰囲気が立ち込めるミラノ、かすかな希望すら見出せない街。21世紀のイタリアを象徴している。こんな作品を観ると、重苦しくて暗澹たる気持ちになる。先が見えない時代に生きているからこそ、現実にきちんと向き合おう。というスタンスに一理あり。でも後腐れのないさらっとした作品を見て、もやもやした気持ちから解放されたい、という思いも強い。後者の場合、本作品はハズレ。あ~あ、正義は存在しないんだな。結局とかげの尻尾が切り落とされるだけだ。貧乏くじを引いたGerry、お前が悪いんだ。


e0059574_174596.jpg
悪役Luca Zingarettiが、ふてぶてしくて実に嫌なヤツだ。心の底から憎悪が沸いてくる。正義の味方Montarbanoと正反対の役どころだが、演じ分け方が実に上手い。


e0059574_183069.jpg
脇役の常連Giuseppe Battistonも光っている。何日も洗っていないべっとりした髪の風采の上がらない男。見栄えが悪く、臆病で口下手、閉鎖的でうまく人間関係が築けないが、彼は心根の優しい男。Valeria Golinoは『レインマン』の頃から、少しも歳をとらない、サイボーグのような女優だ。

製作国:Italy
初公開年:2006年
監督:Francesca Comencini
キャスト:Valeria Golino, Luca Zingaretti, Giuseppe Battiston, Laura Chiatti, Luca Argentero, Fabio Ghidoni, Valentina Lodovini, Cristina Suciu, Jonathan Banks ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-10-16 01:08 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Despicable Me 2... A Late Quartet ... >>