すーちゃん まいちゃん さわ子さん

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_2595054.jpg
【あらすじ】 料理好きで十数年カフェに勤務し、最近は職場の中田マネージャー(井浦新)に関心を寄せているすーちゃん(柴咲コウ)。OA機器メーカーに勤め、実りのない恋愛をしているまいちゃん(真木よう子)。母と二人で祖母を介護している、WEBデザイナーのさわ子さん(寺島しのぶ)。3人はかつて一緒にアルバイトをしていた仲間で、それから十数年経ち、それぞれの道を歩みながらも友情は続いている。自分の年齢や結婚やお金や先のことを考えると、不安がよぎる。これまでに歩んできた道を振り返って、これでよかったのか悩むこともある。それでも3人は小さな幸せに目を向けて、今を生きていく。


e0059574_30454.jpg
あったなぁ、こんな気持ちになったこと。遥か昔のことだけど、何気ない日常生活の中で、急にくるあの寂しいような不安なような、自分だけ世間から取り残されたような、心細~い気持ち。秋風に髪が揺らめく季節、仕事からの帰り道に、ふっと「私ってどうなるんだろう?」って思ったっけ。みんな何かしら不安を抱えながらも、ささやかな幸せを見つけて前に進んで行っている。おぃおぃ、新くん、そこで↑↑鼻血?


e0059574_301620.jpg
キャリア・ウーマンまいちゃんの心のつぶやきが面白かった。真木よう子の低い声が、あの独り言にハマりすぎ(≧∇≦) 彼女はクールでハードボイルド系かと思ったら、こんな役も合うのねぇ、と嬉しいサプライズ。失礼な上司や同僚に言ってやりたい台詞って、ある、ある。

失礼といえば、寺島しのぶが演じたさわ子さんの同級生も、超失礼でバカな男だ。「歳が歳だから、子どもが出来るかどうか、病院で証明書をもらって来て欲しい」なんて、はぁあああ?どのツラ下げてそんな台詞が言える?柴咲コウちゃんは、年齢の割に仕草や喋り方や声のトーンが老けてないか?と前々から気になっていたんだけど、この作品で確信。「ちゃんと朝ごはん食べてる?」って、ポンと肩を叩きたくなっちゃう。この3人の10年後がどうなっているのか、知りたいな。

製作国:Japan
初公開年:2013年
監督:御法川修
原作:益田ミリ
キャスト:柴咲コウ, 真木よう子, 寺島しのぶ, 木野花, 井浦新, 染谷将太 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-10-21 03:06 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by turezure-italia at 2013-10-25 22:50
こんにちは!

「何気ない日常生活の中で、急にくるあの寂しいような不安なような、自分だけ世間から取り残されたような、心細~い気持ち」←これはほぼ30分ごとにやって来るんですけど、もう困ってますよ。しかし、友人に言わせると無理なんだそうです。私は真っ暗な洞窟の中を傷だらけになって歩いて、一縷の光を見付けて爆発的に感動する生き方を選んだそうですよ~。わざわざ大変な道を選んでしまうそうです。嬉しくない…。ブーブー。

しかしアクの強い3人の女優の共演は面白そうですね。
Commented by amore_spacey at 2013-10-26 04:37
☆ turezureさんへ。
こんな気持ちになったのは、遥か昔のこと!なんて言い切っちゃってますが、センチメンタルなこの季節になると、今でも時々そんな気持ちになりますよ。昔のように切羽詰ったものはないけれど。30分ごとに来られると、なかなか厄介ですね。お友だちの言葉も、少しは当たっているところがあるのでは?!? 何かあっても先に進んでいけるエネルギーと才能がある人だと思っていますが、どでしょ?

柴咲コウちゃんも決して悪い女優ではないと思うのですが、この作品のトリオの1人には、宮崎あおいちゃんがよかったかなぁ、と思ったりします。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Padroni di casa Despicable Me 2... >>