Padroni di casa

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_123374.jpg
【あらすじ】 タイル職人のCosimo(Valerio Mastandrea)とElia(Elio Germano)兄弟は、有名なポップス歌手Fausto Mieli(Gianni Morandi)の家のテラスの仕事を任された。Faustoの妻Moira(Valeria Bruni Tedeschi)が、不治の病で車椅子の生活を余儀なくされたため、彼は引退を決意した。アペニン山ろくの小さな村にある豪邸で、幸せに暮らしているかに見える夫婦だったが、実態はどうやらそうではないらしい。CosimoとEliaも傍目には普通の兄弟に見えるが、2人の間にはわだかまりがあった。またFaustoが暮らす小さな村の住人はとても閉鎖的で、この兄弟にも不信感を抱き、まるで外国人のように扱うのだった。そして兄弟と村の住人たちの関係は、ある事件を機に悪化していく。


e0059574_124620.jpg
映画やTVドラマを観る時、観る側の心の状態やそのときの季節や天気が、多少なりとも影響するなぁと思うことがある。たとえばこの作品を観たのは、霧雨の降る肌寒い初秋のある土曜日のゆううつな昼下がり。ようやく夏のヴァカンスの楽しい思い出から抜け出して、日常生活に戻った頃だった。楽しいはずがない。そんなときに観ちゃったから、うわっ、絶望的!救いがない、救いが。ワタシの心は鉛色にどよーんと重くなるばかり。観なきゃよかった、と後悔した。もっと違う状況(例えば春らんまんの頃とかヴァカンス真っ只中)で観たなら、てんこ盛りの突っ込みをしながら、サディスティックに楽しめたかもしれない。


e0059574_125772.jpg
と、長い前置きはさておき、この作品でポップス歌手を演じたGianni Morandiは、実生活でも現役ポップス歌手である。彼の物真似をする芸人が何人かいるほど、仕草や口調や口癖に特徴があって、顔が全く似ていなくてもジェスチャーだけで、Gianniだ!と名前を当てられる、分かりやすいおじさんなのだ。Luciano Pavarottiのお葬式に来ていた彼を見かけた時にも、Gianniらしい仕草が満載で、場違いと思いつつ心の中でクスッと笑ってしまった。あの気さくなおじさんが、表と裏の顔をうまく使い分けるこんな嫌な役もやっちゃうんだぁ。誰にも多重人格の要素があるから、今さら驚きはしないけれど、映像は直接迫ってくるから、その残酷さに心が凍りついてしまった。ところでValeria Bruni Tedeschiは、心の病を患ったり不幸な女の役がやけに多い。不幸体質なのか?実妹(異父姉妹)Carla Bruniとは、容貌も性格もずいぶん違う。

製作国:Italy
初公開年:2012年
監督:Edoardo Gabbriellini
キャスト:Valerio Mastandrea, Elio Germano, Gianni Morandi, Valeria Bruni Tedeschi, Francesca Rabbi, Mauro Marchese, Lorenzo Rivola ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-10-24 01:03 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< A time to kill ... すーちゃん まいちゃん さわ子さん >>