はいからさんが通る

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_125697.jpg
【あらすじ】 時は大正。「はいからさん」こと花村紅緒(南野陽子)は、竹刀を握れば向かうところ敵なしと、跳ねっ返りのじゃじゃ馬娘。ひょんなことから知り合ったハンサムで笑い上戸の青年将校・伊集院忍(阿部寛)が、祖父母の代からの許嫁と聞かされる。忍に心ときめくものを感じながらも素直になれない紅緒は、必死の抵抗を試みて数々の騒動を巻き起こす。伊集院家に招かれ、花嫁修業をすることになった紅緒だったが、そこでも相変わらず騒動を起こす。しかし酒癖の悪い紅緒が起こした騒動がキッカケで、忍は小倉に転属となり、その後シベリア送りとなってしまう。しばらくして彼の戦死通知が届くが、「いつまでも彼を待つ」と決めた紅緒は、経営の危うい出版社・冗談社に入社した。社長の青江(田中健)は大の女嫌いだったが、少しずつ紅緒に惹かれていく。週間少女フレンドに連載された大和和紀の漫画を映画化。


e0059574_1252430.jpg
少女漫画全盛期時代に育った私は、中間や期末テストもそっちのけで、友だちから借りたり自分で買った漫画雑誌やコミックを読みふけっていた。あの頃から妄想の世界に飛ぶクセがあったのかも。クラスの女子には紅緒タイプと環(たまき)タイプがいて、私は言うまでもなく紅緒、仲良しのRちゃんは才色兼備の環タイプだった。忍が好きか?冬星が好きか?なんて、友だちと熱く語り合ったこともある。懐かし~い!


e0059574_126512.jpg
で・・・、これが阿部ちゃんの俳優デビュー作品なのかぁぁぁ(赤面) 演技がぎこちなくて、見てられない。痛すぎる。彼にもこんな時代があったのねぇと、しみじみ。ナンノも当時のアイドルらしく、初々しくて爽やかなんだけど・・・。田中健が若い! 丹波氏も元気、元気^^ 漫画の映画化は、この頃から始まっていたのかな。


e0059574_1262488.jpg
私がキャスティング・ディレクターだったら(ここから妄想ワールドへ突入)、国籍ごちゃまぜの役者を起用して、ユニークな作品を作ってみたいな。でもロケ現場には通訳が何人も必要になるかぁ。経費がかさみそう…。
花村紅緒…『のだめ』の頃の上野樹里
伊集院忍…20代の頃のKim Rossi Stuart
青江冬星…Alessio Boni
紅緒の父…60代前半の頃の中条静夫
芸者・吉次…稲森いずみ
北小路環…篠原涼子
印念中佐…Christoph Waltz
あごなしばあや…渡辺えり(旧渡辺えりこ) 
奥女中・如月…これは野際陽子以外にいないでしょ?
伊集院伯爵…Jeremy Irons
製作国:Japan
初公開年:1987年
プロデューサー:稲生達朗
原作:大和和紀
キャスト:南野陽子, 阿部寛, 田中健, 柳沢慎吾, 松原千明, 鈴木瑞穂, 木村元, 野際陽子, 河原崎長一郎, 丹波哲郎 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-11-01 01:25 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by petapeta_adeliae at 2013-11-02 16:53
懐かしいぃ〜♪
少女漫画って小学1年〜4年ぐらいまでは一条さゆりを
ピンポイントで読んでました。
高校生の時にバイトしてて、その時に3つ上の大学生が
なぜか少女漫画ファンで、彼からはいからさんを借りて
読みました。彼の友だちがソーニャのことを爪子さん(字忘れ)
と影で呼んでたの。ヒドっ。
エミリアさんのキャスト、いいかも♡
Commented by amore_spacey at 2013-11-04 01:22
☆ ソーニャさんへ。
懐かしいでしょ?あの頃の少女漫画の絵柄に馴染んでいるので、今の漫画を見ると、なんか汚くて雑な気がして受け付けないんです。爪子さん??って誰だったかしら?森蘭丸とか顔にミシン目の入った老名主は、強烈なキャラで、笑えました~^^ このキャストで実現したら、凄いですよね~。国籍&年代をこえて、結構面白いかも?なんてね。
Commented by turezure-italia at 2013-11-08 01:21
こんにちは!最近ジェットコースター並みに環境も精神的にも上下動がすごくて、ブログどころじゃないんですよ~!!

というわけで久々におじゃましたら、何とあの阿部ちゃんデビュー作をご覧になったんですかー!?小学生の間でも酷評されていた阿部ちゃんですもの。ある意味見る価値ありですね!

忍派か冬星派か、というと私は絶対に冬星派。素敵すぎます。ここで浮上してくるのが意外と鬼塚だったりするんですよね。多数票を獲得しています、私のまわりでは。

私はテレビアニメ派なんですよ。特に主題歌とエンディングテーマもなかなか良かったりするので、今でもどちらも口ずさんだりしています。高校生になって改めて原作を読んで紅緒に激怒でしたよ。「全部お前がまいた種じゃないか!!編集長かわいそう…」って感じでした。
Commented by amore_spacey at 2013-11-09 01:17
☆ turezureさんへ。
大丈夫ですか~?でもこの季節は普通にしていても、何となくメランコリックになりますよね。

エヘヘッ、阿部ちゃんファンとして、やっぱり観ておかなくちゃいけないなと思いまして・・・。「あの時の阿部ちゃんはひどかった」とturezureさんから聞いていたので、覚悟はしていたのですが、あああぁぁぁぁ、酷すぎました。恥ずかしくて私が赤面しちゃいました。裏を返せば、今の彼は大成長を遂げたということですよね。

私も冬星派!女嫌いなんて言いながら、紅緒のことをずっと見守っていたんですよね。鬼島軍曹も、ワイルドで何気にカッコいいですね。アニメは観ていないんです。映画よりはマシ?あははっ、そうそう、みんな紅緒に振り回されるんですよねー。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Homeland Seaso... Django Unchaine... >>