Le Amiche (女ともだち)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_2355163.jpg
【あらすじ】 ブティックの女性オーナーClelia(Eleonora Rossi Drago)は、ローマの下町の庶民階級出身ながらファッション界で成功し、トリノに新店舗を出すことになった。そのためトリノのホテルに滞在していたが、ホテルの隣の部屋のRosetta(Madeleine Fischer)が自殺未遂を図る事件に遭遇する。Rosettaは友人Nene(Valentina Cortese)の夫で画家のLorenzo (Gabriele Ferzetti)と愛人関係にあり、どうやら悩んでいたらしい。これをきっかけにCleliaはRosettaや彼女の女友だちと知り合いになり、交流を持つようになる。また彼女は新店舗の工事を担当するCarlo (Ettore Manni)と、打ち合わせのため頻繁に顔を合わせるうちに、淡い恋心を抱くようになっていった。


e0059574_236716.jpg
この作品には5人の女性と3人の男性が登場する。5人の女性のうち庶民階級はヒロインのCleliaだけ。あとの4人は上流階級だが、少女のように純粋で優しい娘や世間知らずの少々軽いお嬢さんがいれば、人格者で良心的な既婚のキャリアウーマンや夫との仲が破綻し他の男たちと情事を重ねる女もいる。それぞれ異なる背景を持ち様々な思いを抱えながら、そこそこの距離とバランスをとって、表向きは仲の良い女ともだちだった。そこに男の影が見え隠れするようになると、女ってのは…。ある程度歳を重ねた女同士の友情は、なかなか微妙なところ。誰でも自分が一番大事で可愛いから、何かの拍子に均衡が崩れると、本音が露呈して面倒なことになってしまう。それが苦手なので、私はつかず離れず細く浅く長い関係がいい。


e0059574_2382191.jpg
タイトルは『女ともだち』だけど、この4人組って本当に友だち?Momina(Yvonne Furneaux)が女王様で、残りの3人は彼女の取り巻き連中にしか見えないんだけどね。虚飾に満ちた上流社会の暮らしが退屈で、Rosettaの不倫を煽ってその行方を面白がっているMominaやお気楽なMariella(Anna Maria Pancani)は、暇つぶしのためにつるんでいるようなもの。Rosettaの愛のために自分は身を引いてキャリアを目指すNeneや、Rosettaのことを親身になって考えてくれるCleliaタイプの女性たちが、果たしてMominaのような人と長く付き合っていけるかなぁ?破綻するのは目に見えている気がする。


e0059574_2373249.jpg
一番人間味があるのはCleliaかな?と思ったんだけど、その彼女も意外にあっさりしていてビックリ。つい5分前、「あなたにすぐに会いたい。」とCarloを電話で呼び出しておきながら、女社長に会ったことで、気持ちがスッパリ切り替わって、ローマ行きの電車の切符を購入→その足でCarloに別れを告げ→電車に乗る、という急展開(◎∇◎) いくらなんでも、決心するのがちょっと早すぎやしませんか?登場する3人の男性は、軽すぎたり覇気がなさすぎたり依存しすぎたりと、かなり残念な殿方ばかりでございました。

製作国:Italy
初公開年:1955年
監督:Michelangelo Antonioni
原作:Cesare Pavese 'Tra donne sole'
キャスト:Gabriele Ferzetti, Yvonne Furneaux, Ettore Manni, Madeleine Fischer, Valentina Cortese, Eleonora Rossi Drago, Franco Fabrizi ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-12-18 02:39 | - Italian film | Comments(4)
Commented by petapeta_adeliae at 2013-12-19 12:39
一枚目の真ん中が主人公ですか?

>Rosettaは友人Neneの夫で画家のLorenzo と愛人関係にあり

RosettaとNeneはこの5人の女友達なのですか?
だとしたら、友達の旦那を共有するのって考えられないし、
いたたまれませんよね。

'55年と58年も昔の映画だけど、人のことだと思って煽ってみたり
そそのかしたりとこのような話って永遠とあるんですね。
所詮、他人の不幸は蜜の味でしょうか(-_-;)

50~75年の頃の女優は美しい人が多かったですね。
Commented by turezure-italia at 2013-12-21 06:40
こんにちは!お久しぶりです。どうにかネット環境も整えて、やっとブログに遊びに来ました。

それにしてもクラシックな服装、髪型と思ったら1955年に公開されたんですね。アントニオーニ駆け出しの頃ですかね。

女だけの集団って複雑で大変ですよ。私は「ゲッ、また女だけの集団に身を置くことになってしまった」ということが多いから…今だってそうですよ。いやー難しいです。お笑いキャラになっておくのが一番無難ですね。レストランで女性だけでワイワイ楽しんでいるテーブルも良く見かけるようになってきたけど、いつも「この集団、裏があるんじゃないか?」なんて深読みしてます。女だけの集団は疲れますね!
Commented by amore_spacey at 2013-12-22 01:27
☆ ソーニャさんへ。
ヒロインは2枚目の前列右と最後の画像の方です。仲の良い友人が夫の不倫相手?私だったらきっと2人とも信頼できなくなってしまうでしょう。ところがNeneは自分が身を引いて、夫を友人に譲ろうとする。キャリアウーマンだから?Neneがとてもできた人だから?私には謎です。いつの時代も、他人の不幸は蜜の味なんでしょうね。ホント、この頃の女優さんたちは、存在感もあります。
Commented by amore_spacey at 2013-12-22 01:33
☆ turezureさんへ。
お元気そうで何よりです^^ 随分前にアントニオーニ監督の展覧会を観たのがきっかけで、彼の作品を観てみようかなと思ったんです。ひいきの女優さんができると、徹底的に出演させてますね。私も好きなMonica Vittiも、初期の作品によく登場しています。

そうそう、私も女だから、それなりに女性特有の面倒くさい思考回路を把握してはいるつもりですが、これが集団になってパワーアップすると、暴走しやすいんですよね。でもturezureさん、何だかんだ言いながら、可愛がられているんじゃないかと思いますよ。そそ、3枚目キャラでいることが、無難でいいかなぁ?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Homeland Seaso... Red 2 (Redリターンズ) >>