俺はまだ本気出してないだけ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_2324861.jpg
【あらすじ】 42歳、バツイチの大黒シズオ(堤真一)は、高校生の一人娘・鈴子(橋本愛)、父親の志郎(石橋蓮司)と3人暮らし。「本当の自分を見つける」と勢いで会社を辞めてから1ヵ月経つが、朝から寝転んでゲーム三昧、志郎はそんなシズオに毎日怒鳴り散らしている。ある日、本屋で立ち読みをしていたシズオは突然ひらめき、「俺、マンガ家になるわ」と宣言。根拠のない自信をもとに出版社に持ち込みを続け、担当編集者の村上(濱田岳)に励まされつつ雑誌掲載を目指すが…。


e0059574_233064.jpg
堤氏の爆発ヘアーのポスターをずっと前に見て、「おぉ、久しぶりに三枚目の彼に会える!」と楽しみにしていたのに、このがっかり感は何なんだ?ものすごく退屈で痛かった。ここはきっと笑う場面なんだろうなぁと思いつつ、全く作品にノレていない自分に苦笑しただけ。頭がガックンとなって、目覚めたのも数知れず。これは本気出して観ても、きっとダメだっただろうな。笑いのツボが違うんだ。父親役の石橋蓮司は役得だったなァ。卓袱台で食事するシーンが多かったもんね。地味ながらきらりと光っていた。

製作国:Japan
初公開年:2013年
監督:福田雄一
原作:青野春秋
キャスト:堤真一, 橋本愛, 生瀬勝久, 山田孝之, 濱田岳, 水野美紀, 石橋蓮司, 蛭子能収 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-12-24 02:34 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2013-12-24 20:35 x
amoreさん、こんばんは!クリスマスイヴ、いかがお過ごしですか?
堤真一、大好きなんですけど…最近はあまりいい仕事してないような。観たいと思う作品に出てくれないというか…
こういう系統の喜劇、苦手なんですよねえ。苦手な俳優もいっぱい出てるし。石橋さんは大好きですが。最近の邦画は、こーいう笑えないコメディが多いような。笑えない私の感覚が麻痺してるのでしょうか。堤さん、まだまだじゅうぶん男の色気があるので、それを活かした役とかしてほしいなあ。それにしても画像の堤さん、足長いですね~
私も小説家になるー!!仕事やめて、家でゴロゴロしたいわ。
Commented by amore_spacey at 2013-12-28 02:09
☆ 松たけ子さんへ。
『Always 三丁目…』で堤さんが演じた、バリバリ昭和の父がなかなかよかったので、今回もあんな感じかな?と期待した私がバカだった。どこをとっても笑えない。これはコメディとして致命傷ですよね。笑わせようと頑張るほど、こっちは引いちゃうのパラドックスで、居たたまりませんでした。

堤さんがいるから苦手な役者さんたちも我慢できると思ったのに、てきとーな作品のせいで、苦手度はさらに上昇。どーしてくれるの、監督さんっ!堤さんに漂う独特の男の色気や悲哀感を、もっと見せて欲しいな。せめて年末年始のお休みは、おうちでDVD三昧&ゆっくりゴロゴロなさって下さい^^ 仕事はいつでも辞められます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Hope Springs (ス... Homeland Seaso... >>