“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_4423622.jpg
【あらすじ】 警視庁捜査一課の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)は、ひょんなことからバレエ「白鳥の湖」を観にいく羽目になった。公演中に居眠りをしてしまうが、浅岡未緒(石原さとみ)が演じる黒鳥に目を奪われ、その才能にすっかり魅了される。 そんなある日、その公演を主催する名門・高柳バレエ団の事務所で、一人の男が殺された。居合わせたバレリーナ・斎藤葉瑠子(木南晴夏)が被疑者とされ事情聴取を受けるが、不審者から身を守る上での正当防衛だと主張する。被害者の男・風間利之(内田朝陽)と葉瑠子は面識がなく、プリマである高柳亜希子(音月桂)を中心に、バレエ団側も葉瑠子の証言を疑わなかった。 しかし捜査が進む中で幾つかの不審な点が浮かび上がり、事件が混迷を極める中、今度はバレエ団の敏腕演出家・梶田康成(平岳大)が毒殺された。果たして、最初の事件と関係があるのか?


e0059574_4424830.jpg
話の展開にメリハリがなく、謎解きも何だかなぁ?な感じで、無駄に長い2時間半だった。手っ取り早く言えば、交通事故の後遺症で耳が聞こえなくなりつつあるバレリーナ・浅岡未緒(石原さとみ)が、最後の公演を成功させるために、青木という男を撲殺したという話なんだけど、脚本がひどすぎて全く盛り上がりがなかったな。阿部ちゃんと太田刑事を演じる柄本明の絡みも、脚本や演出次第でもっと味のある面白い場面になったはずなのに、これもイマイチ。


e0059574_4425942.jpg
若くて綺麗なバレリーナたちのあーだこーだは、面白くもなんともなかったけれど(艶やかで芯のある音月桂の声は魅力的で華がある)、ストーリーには直接関係のない枝葉的な部分に、私のツボをくすぐる旨味が隠されていた。TRICK繫がりで?仲間由紀恵が阿部ちゃんのお見合い相手として登場するシーンにクスっと笑ったり、「おぉ、阿部ちゃんが英語しゃべってるよ!」と驚いたり。そして父親(山﨑努)とのぎくしゃくした関係に、居心地の悪さを感じつつ苦笑したり。彼らは会うどころか、めったに電話すらかけ合わない。その電話も、用件のみ。「・・・。以上」なんて、木で鼻をくくったような無愛想な留守電メッセージ。お互いに分かったような分からないような、イライラするのに、いつも心のどこかにひっかかっている存在。意地っ張りで不器用なこの2人、何とかなりませんかねぇ。苦笑 相変わらずいいタイミングで流れる達郎の♪街物語♪が、ラストを盛り上げてくれて、墜落は免れた模様。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2014年1月2日
演出:土井裕泰
原作:東野圭吾
キャスト:阿部寛, 松尾貴史, 名高達男, 石原さとみ, 音月桂, 大谷英子, 柄本明, 竹財輝之助, 山﨑努, 仲間由紀恵, Kバレエカンパニー ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-02-21 04:43 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2014-02-21 12:32
TV・映画にかかわらず、Dance系ての殺人事件って面白かった
ためしがないような。メリハリが付けようがないからか。
折角の阿部ちゃんがもったいない。

白鳥の湖を見にいって居眠りしたからタイトルが眠りの森なんて
タイトルになったのかしら?まさかねぇ。
キャストみるとかなり豪華。Kカンパニーと書かれているのに
熊川哲也は出てこないんですね。名高達郎って地道に俳優されて
たんですね。
Commented by amore_spacey at 2014-02-26 01:21
☆ ソーニャさんへ。
Dance系はヴィジュアル的にはインパクトがあるし、今回も華麗な舞台を垣間見ることができたので、それはよかったのですが、肝心のストーリーがお粗末でダメでした。阿部ちゃん、ちょっと痩せたみたい。頬がこけてた。。。 熊川哲也は出てきませんでしたが、Kカンパニーの看板息子?が出ていたようです。ええ、達郎さん、地味ながらも活躍されていますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Cime Tempestose... La Carne del Ma... >>