Cime Tempestose (嵐が丘)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_1967.jpg
【あらすじ】 イギリスはヨークシャーの荒野に立つ、荒れ果てた館「嵐が丘」を舞台に、復讐に燃えるHeathcliff(Alessio Boni)とCatherine(Anita Caprioli)の愛と悲劇を描いた作品。


e0059574_1917100.jpg
Alessio Boniの舞台を観て、Alessioブームが再燃し、ひっそりAlessio祭りを楽しんでいます。さてイギリス古典文学の王道で今更感のある『嵐が丘』ですが、昔Laurence OlivierのHeathcliffを観た時、端正な顔立ちに見え隠れする暗さや翳が、私の思い描いていたHeathcliffにあまりにもハマリすぎて、強烈な印象が残っていたせいか、巻き毛ライオン頭のAlessioに、ものすごく違和感。あれってHeathcliffではなくて・・・


e0059574_192994.jpg
『ベルばら』のアンドレ・グランディエ?でなかったら、QueenのギタリストBrian May??


e0059574_19442.jpg
それからイタリア語を話すHeathcliffやCatherineって、どうなの?伊国営放送のTVドラマだから、台詞は当然イタリア語。そのせいか?変なフィルターがかかって、嵐が吹きすさぶ厳しい自然の中にあるはずのヨークシャーが、北イタリアはドロミテ渓谷や南チロル地方の風景とダブったりして、どうもしっくりこない。Catherineを演じるAnita Caprioliが、やけに早口で甲高いのも癇に障る。

そこをぐっと我慢して、何とか最後まで辿りついたんだけど、何度も出てくる「ヒースクリーーーーフ!」や「キャサリーーーーーン!」の絶叫が可笑しくて、悲恋どころじゃなくなっちゃった。彼らが一生懸命やればやるほど笑えるなんて失礼な話ですが、でも悲劇は喜劇と紙一重と言いますしぃ(^^ゞ


e0059574_195742.jpg
そんな私でも大昔は、少女漫画を読みながら涙していたティーンエイジャーでした。そうそう、これを観てやっと話の詳細が蘇ってきた。2人の恋路を邪魔したのは、Catherineの兄Ivory(Franco Castellano)だったんですね。ろくでなしのIvoryはもちろんのこと、Catherineの優柔不断で女性特有の気まぐれのせいで、叶う恋もダメになった、なんて言い過ぎ?Linton家のEdgar(Juraj Rasla)との縁談をスッパリ断れば、あんなに泥沼化しなかった。でもそれじゃ、話は終わっちゃう。気まぐれやすれ違いや誤解や邪魔者がいなけりゃ、この手の話は面白くも何ともないのだ。ほぼ同じ年に書かれたAlexandre Dumasの『モンテ・クリスト伯』のような復讐劇のある後半が面白いのに、TVドラマではテキトーにお茶を濁しただけ。2人のメロドラマだけに焦点をあてて、視聴者を泣かせたかったんだな。

製作国:Italy(Rai 1)
放映日:2004年10月4~5日
監督:Fabrizio Costa
原作:Emily Brontë
キャスト:Alessio Boni, Anita Caprioli, Franco Castellano, Ivo Novák, Luca Cianchetti, Juraj Rasla, Winter Ave Zoli , Guglielmo Pinelli, Giovanni Anzaldo ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-02-26 01:09 | - Italian film | Comments(4)
Commented by 松たけ子 at 2014-02-26 13:12 x
amoreさん、こんにちは!
イタリア版嵐が丘、なかなか珍妙な感じみたいですね。観たいかも。嵐が丘といえばエミリー・ブロンテ原作ですが、ブロンテ姉妹を描いた映画も、全編フランス語だったのがかなり違和感がありましたわ。でも、エミリー役のイザベル・アジャーニは美しかった!ローレンス・オリヴィエのヒースクリフも見たいです。
ベルばらがまた読みたくなってきました!あと、ガラスの仮面も。北島マヤもキャサリンを演じてましたね~。
Commented by petapeta_adeliae at 2014-02-26 23:51
このヒースクリフが誰かに似てる。。。1時間以上考えて
しまった。北村一輝に似てませんか?
嵐が丘は中学の夏休みの課題で訳したのをうっすらと覚えて
いますが、煮え切らなくてなんかスッキリしない話ですよね。
ジェーン・エアもそんなんだったような。。。
Commented by amore_spacey at 2014-03-03 05:32
☆ 松たけ子さんへ。
イタリア版は2夜に渡ってゴールデンタイムに放映されたTVドラマで、かなり甘めの味付けがされていたような気がします。私は復讐劇を楽しみにしていたので、ガッカリ。アンドレのようなAlessioを見ることができたから、いいんだけど^^ 悲劇が多いブロンテ姉妹の作品って、当時のハーレクインシリーズとしてバカ売れしたんでしょうね。そうそう、北島マヤがキャサリンを演じてましたね。『ガラスの仮面』って完結したんでしたっけ? 
Commented by amore_spacey at 2014-03-03 05:36
☆ ソーニャさんへ。
ヒースクリフ@Alessioが北村一輝に似ている?どこかなぁ?と私も1時間以上考えてしまいました。長いもみあげが似てるんでしょうね。ポスターのAlessioは、Hugh Jackman似?ブロンテ姉妹(というより当時の民衆?)は、この手の悲劇がお好きだったんでしょうね。ホント、もやもや~っとしますよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The incredible ... “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」 >>