The incredible shrinking man (縮みゆく人間)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_5111215.jpg
【あらすじ】 Scott Carey(Grant Williams)の体は、一年半前から突然縮み始めた。放射能汚染と殺虫剤の相互作用で、毎日1/7インチ(3.6mm)ずつ身長が縮んでゆく奇病に冒されたのだ。現代医学もなす術がなかった。そのうちに妻(Randy Stuart)や飼い猫よりも小さく、ついには昆虫並みの大きさになってしまった。そしてゼロになる時が6日後に迫った今、彼は恐怖と孤独と絶望の淵をさまようのだった。サスペンスの巨匠Richard Mathesonの作品を映画化。


e0059574_5115655.jpg
「どんどん引き込まれていった。色々考えさせられ、尚且つ面白かった」という某ブロ友さんの記事を読んで、さっそく伊語版の原作を入手したが、映画化されたことを知って、先に映画を観ることにした。これは古きよき時代のモノクロ映画で、パワーで押し切るようないまどきのハリウッド映画とは一線を画する。CGを駆使した完成度の高い昨今のSF映画やアクション映画は、ヴィジュアル的にはインパクトがあり素晴らしいが、瞬間的なものが多く心に残らない。いくぶん子どもだましで素朴な本作品は、却って新鮮で、目にも心に優しくフィットしつつ、心の片隅を小さく揺るがせる。


e0059574_512169.jpg
身体が大きくなったり小さくなったりする話といえば、『一寸法師』『不思議の国のアリス』『ガリバー旅行記』のような、童話や冒険そして視覚的な面白さを盛り込んだ楽しい物語を思い浮かべ、「身体のサイズが自由自在に変わったら、面白いだろうなぁ」と思ったりする。しかしSFサスペンスの王様Richard Mathesonが書いた『縮みゆく人間』の世界は、それほど甘くない。小さくなっていく男の、それでも生きようと必死に闘う姿が、ときおり滑稽にすらみえる。が、肉体的にも精神的にも追い詰められた末、豆粒大の彼が辿りつくのは、悟りの境地や覚悟。縮んでいくことを恐れず人間の尊厳を失わず、自分の人生に誇りを持ちながらありのままの状態に甘んずる。これって、言うは易し。なかなかできることではない。私なら絶望に打ちひしがれて、部屋の隅っこで布団かぶって泣いてるか、自暴自棄になってヤケ食いに走る。ところがScottは違った。自分より大きな猫やクモと戦ったり、食糧調達に涙ぐましい努力をしたり、大洪水から身を守ったりと、生への執着が凄まじい。


e0059574_5123017.jpg
この機会にRichard Mathesonの短編をいくつか読んでみた。人間の本能や心の奥底に隠されている本人も気づかない本音が常にテーマになっている。闇のようなこの感情に不意打ちをくらい、思っても見なかったところでこの感情と向き合い戦わねばならないところに、ホラーとは違った目に見えない怖さがある。ブラックな結末が、阿刀田高のショートショートを彷彿させる。さてこれからこの映画の原作を読んでみよーっと。

製作国:U.S.A.
初公開年:1957年
監督:Jack Arnold
原作:Richard Matheson
キャスト:Grant Williams, Randy Stuart, April Kent, Paul Langton, Raymond Bailey, William Schallert, Frank J. Scannell , Helene Marshall ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-03-03 05:14 | - Other film | Comments(4)
Commented by turezure-italia at 2014-03-03 06:51
こんばんは!これは面白そうです!手に入ったら私も見てみたいです。クモと戦うのも大変そうですね~。猫にも食べられちゃいそう。

ちなみに、ガリバー旅行記は大人になってから読むと面白いんですよ!岩波文庫から出ています。人間への憎悪に満ちていましたよ。ガリバーが小さい時は、ペットみたいな感じで愛玩物となり、よく貴婦人の胸元に入れられていたらしいのですが、とにかく人間の皮膚の汚なさったらない、毛穴が汚い、なんて言って、最終的には人間が信じられなくなっていました。そうか、毛穴も小人ガリバーにとっては、巨大な落とし穴に見えるだろうしな、なんて思いましたよ。
Commented by amore_spacey at 2014-03-04 05:44
☆ turezureさんへ。
CGを見慣れた目には子供騙しのゆるゆる過ぎる映像ですが、なかなかいいもんですね。台詞はほとんどないので、吹き替えや字幕は楽勝!な~んて、関係ないですね(笑) あれだけ小さくなると、マッチ棒や糸や待ち針を持ち上げるのに、両手を使わないとダメなんですねー。

そういえば『ガリバー旅行記』って、小学生用の世界少年少女シリーズで読んだことはありますが、文庫本を手に取ったことはないです。大人になってから読むと、新しい発見があって面白いでしょうね。
Commented by atelier_alba at 2014-03-25 22:32
こちらにも来てしまいました。(^^)
モノクロの写真がなかなか良いですね。本を読んでいる時は、想像力をフル回転して自分なりに映像を浮かべていましたが、映像があるとしたら答え合わせみたいに比べてみたくなります。
なんとか手に入れたいな。^^
Commented by amore_spacey at 2014-03-27 05:20
☆ albaさんへ。
いらっしゃいませ~♪&初コメありがとうございます。私は映像から入ったので、そのイメージで原作を読んでいます。いちいち辞書を引かないので、8割程度の理解なんですが、2割のところがもやもやしてすっきりしません。これは絶対に日本語版も手に入れなくちゃと思いました。「答え合わせみたいな」そうそう、albaさんにはそんな楽しみがありますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< はじける☆第86回アカデミー賞 Cime Tempestose... >>