La grande bellezza (グレート・ビューティー/追憶のローマ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_4422379.jpg
【あらすじ】 ローマ。若い頃に出版した唯一の小説が伝説的に売れたがために、以降執筆もせず、優雅にして退廃的な日々を過ごしてきたジャーナリストで作家のJep Gambardella(Toni Servillo)は、65歳の誕生日を迎える。ローマの社交界に集う貴族や金持ちやアーティストや政治家や知識階級に囲まれ、パーティー三昧の派手な生活を送りながらも、彼は人生の目的を失い、言いようのない虚無感や喪失感があった。そんなJepの心の彷徨を綴ったドラマ。2014年第71回Golden Globe外国語映画賞、2014年第86回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。


e0059574_4423522.jpg
この作品がGolden Globeの外国語映画賞を受賞したや否や、アカデミー賞同部門の獲得をめぐって外野がやたら騒がしくなった。映画評論家と称する輩やジャーナリストが良くも悪くもはしゃぎすぎて、一時は些細なことで炎上(● _ ●) またアカデミー賞授賞式に参加したスタッフ vs イタリアに残ったスタッフの間で、微妙な空気が流れているとか、早くもこの映画に便乗したローマのロケ地ツアーが企画されたとか、この受賞の裏には米伊間の政治的な動きがあったとか、様々な噂が流れていますが、みなさん、落ち着いて下さいよぉ。映画=エンターテインメントなんだから、肩の力を抜きましょうよ。


e0059574_4425235.jpg
Carlo VerdoneやGiorgio Pasottiが出ているというので、昨年の公開時に観に行ってきた。友人夫婦は開始30分後、「申し訳ないけど・・・」と言って、途中退場(-_-) 私も便乗したかったが、Giorgio Pasottiの登場を待ってからとその場に残り、結局ずるずる最後まで観ちゃったよ~ん。


e0059574_443395.jpg
う~ん、現実離れして風変わりな作品だった。冒頭のシーンから微妙。日本人観光客がどう見ても中国人なのだ。エキストラ料をケチったのか?なんて余計なことを考える。Jepの哲学的な語りも、だんだん鼻について面倒くさくなってくる。監督や主役を演ずるToni Servilloの芸術の押し売り感が見え隠れして、うっとうしい。


e0059574_4431539.jpg
Carlo Verdoneは何だか冴えないし、かつては豊胸が売りだったSerena Grandiの劣化ぶりには、目を覆うばかり。Federico Felliniの『甘い生活』を彷彿させるという人もいるけれど???日本語のタイトルに至っては、もう論外。何じゃ、こりゃぁ?(-"-)


e0059574_443286.jpg
でもLuca Bigazziがこの作品を救ってくれた。どこを切り取っても芸術的&絵画的な映像で、音声をゼロにして観たら最高です。冒頭のジャニコロの丘の噴水や夜明けのテベレ川に黒く浮かび上がるサン・ピエトロ寺院やローマ時代の長い水道橋をみていたら、またローマに行きたい病がムズムズ沸きあがってきた。ちらっと登場したFanny Ardantの、しっとりしたマダムぶりにハッとする。何よりも嬉しかったのは、久しぶりにGiorgio Pasottiに会えたこと。どこか翳があって、放っておけない気持ちにさせる人なの(*^^*) 


e0059574_4434035.jpg
映画や舞台で活躍するToni Servilloは、独特のカリスマを持つが、それはこの作品に流れる空気や色とは相容れないような気がする。今まで演じてきた役柄のせいか?Toniには黒幕のイメージ(毒気や灰汁)が強すぎて、ローマのセレブ社会に君臨するインテリには見えないんだなぁ。


e0059574_4435175.jpg
私がキャスティング・ディレクターだったら(妄想ワールド)、JepにはFabrizio Bentivoglioや50代の頃のGiancarlo Gianniniを、Sabrina Ferilliが演じたローマの女↑↑にはMonica姐(台詞がほとんどなくオブジェ的な扱いだったから彼女が適役)を起用したい。何はともあれ、アカデミー賞受賞おめでとう。

製作国:Italy, France
初公開年:2013年
監督:Paolo Sorrentino
撮影:Luca Bigazzi
キャスト:Toni Servillo, Carlo Verdone, Sabrina Ferilli, Carlo Buccirosso, Giovanna Vignola, Isabella Ferrari, Giorgio Pasotti, Serena Grandi, Fanny Ardant, Massimo Popolizio, Giovanni Anzaldo ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-03-08 04:44 | - Italian film | Comments(2)
Commented by がっちゃん at 2015-01-14 16:26 x
ご訪問ありがとうございまいた。ホント賞を取る作品は、やたらとお金がかかった大作ではあっても、内容を伴わないことがありますね~。
あとやっぱりこれは字幕も悪かった気がします。戸田奈津子のように「簡潔に」「わかりやすく」をモットーにした字幕翻訳家だったら違っていたかもしれません。
Commented by amore_spacey at 2015-01-19 03:27
☆ がっちゃんさんへ。
いらっしゃいませ~♪&初コメありがとうございます。改めてレビューを読み直してみると、メチャクチャこき下ろしてますね、私(滝汗) でも映像は本当によかったので、サイレントで観るとなかなかいいかなと思います。こういうのは、アメリカ人受けするのかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< House of Cards ... Dallas Buyers C... >>