Una piccola impresa meridionale (南部のささやかな商売)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_3545344.jpg
【あらすじ】 Maria Stella(Giuliana Lojodice)は悩みのどん底にいた。50歳になる元神父の息子Costantino(Rocco Papaleo)は、女性を好きになるが捨てられて、南部の故郷に戻ってきた。聖職を捨てた息子と同居なんて、恥ずかしくて村人から何と言われるか分からない。そこでCostantinoを村から離れた海際にある、打ち捨てられた灯台に一人暮らしをさせることにした。ところが妻に逃げられて失意の義弟Arturo(Riccardo Scamarcio)や元売春婦Magnolia(Barbora Babulova)、灯台の修理に来た2人の男と娘と、同居人が次々に増え、ついにはマンマのMaria Stellaも灯台で暮らすようになる。やがて、灯台に隣接する建物をホテルに改造するという話がもちあがった。


e0059574_356778.jpg
赤の他人が共同生活を始めるうちに擬似家族のようになっていく、ちょっと奇妙な人間関係が描かれている。Ferzan Ozpetek監督の『無邪気な妖精たち』に出てくる人間模様や、カトリック教会や保守派が根強い土地で未だにタブー視されている同性愛にスポットを当てたところなどよく似ている。本作品はドタバタ・コメディタッチなので、事態の重みや深刻さをそれほど感じさせないが、当事者にとってみれば人生をかけた問題だ。


e0059574_3564530.jpg
Costantinoは聖職を捨てた。彼の妹は夫Arturoを捨てて愛人と逃げた。その愛人は何と、マンマの家のお手伝いさんだった。そしてお手伝いさんの姉は、元売春婦。灯台の修理・改修に来た2人の左官屋のうち、1人は妻と離婚し小学生の娘(親権を巡って、元妻と争っている真っ只中)とともに、ワゴン車でジプシーのような暮らし(+.+;)


e0059574_3565690.jpg
敬虔なカトリック教徒であるマンマから見れば、どいつもこいつもどひゃひゃーーな人間ばかり。そんな厳格で頭の固いマンマが、みんなと暮らすようになって徐々に丸くなり、よき仲介役になっていく様子は、とても微笑ましい。どの脇役も個性的で愉快痛快!

製作国:Italy
初公開年:2013年
監督:Rocco Papaleo
キャスト:Riccardo Scamarcio, Rocco Papaleo, Barbora Bobulova, Giorgio Colangeli, Giovanni Esposito, Giuliana Lojodice, Claudia Potenza, Sarah Felberbaum ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-05 03:59 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< La caccia Sacro GRA (ローマ環... >>