È stato il figlio (それは息子だった)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(75点)

e0059574_054158.jpg
【あらすじ】 1970年代。パレルモ郊外に暮らす6人家族のCiraulo家は、一家の大黒柱Nicola(Toni Servillo)が廃船の鉄屑を売ることで、なんとか生計を立てていた。ある日マフィアの抗争中に流れ弾が、愛する娘Serenella(Alessia Zammitt)を襲う。悲嘆にくれる家族は娘の死が金銭的に賠償されることを知り、その申請をする。しかしそれが更なる悲劇の始まりだった。ヴェネチア国際映画祭で撮影賞(Daniele Cipri)を受賞。


e0059574_0541514.jpg
「あれっ、何で字幕がついてるんだろう?」と不思議に思ったが、すぐに納得。コテコテのシチリア訛りと方言なんだもん、イタリア人でも分からない。作品は銀行(郵便局?)で順番待ちの中年男Busu(Alfredo Castro)の語りで進行する、悲喜こもごものブラックコメディ。人間の弱さや浅はかさ、強欲で見栄っ張りで滑稽なところが、余すところなく描かれている。Ciraulo家のドタバタ 悲喜劇を笑いながら、実は自分たちのことも笑っちゃう構図だ。


e0059574_0542964.jpg
Toni Servilloの怪演ぶりは言うまでもないが、 ラストで孫のTancredi(Fabrizio Falco)に向かって、「いいかい、絶対に何も喋るんじゃないよ」と鬼気迫る形相でまくしたてるRosaばあちゃん(Aurora Quattrocchi)も圧巻。最後にちょっとした種あかしが用意されている。

製作 国:Italy
初公開年:2012年
監督:Daniele Ciprì
キャスト:Toni Servillo, Giselda Volodi, Giuseppe Vitale, Alfredo Castro, Aurora Quattrocchi, Mauro Spitaleri, Alessia Zammitti, Fabrizio Falco ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-17 00:54 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ひまわりと子犬の7日間 Viaggio segreto >>