ひまわりと子犬の7日間

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_111581.jpg
【あらすじ】  寒い冬のある日、生まれて間もない子犬たちとその母犬が保健所に連れてこられる。近づこうとすると母犬は歯をむき出して激しく吠え、子犬たちを命がけで守ろうとしていた。殺処分される犬を一匹でも減らそうと、里親探しに奔走する職員の神崎彰司(堺雅人)は、この様子を見てこの犬たちの命を守ろうと決心する。殺処分までは7日間。このわずかな期間に、新たな飼い主を見つけて、人のもとで暮らせる犬として譲渡できるようにするのは至難の業である。しかし神崎は規則を破って収容期間を延長。母犬に「ひまわり」と名前をつけ、母犬の心をなんとか開かせようとする。2007年に宮崎県で起きた実話を映画化。


e0059574_112853.jpg
映画用にトレーニングされた犬だと分かっていても、登場した犬たち、特に子犬たちの可愛らしい表情やしぐさに悩殺されてしまった。動物たちにも生きてきた歴史や思い出や記憶がある。そこ思いが至れば、単に可愛いから、ブームだから、という安易な考えで飼ったり、身勝手に捨てたり放置したりできないのでは?と考えるのは甘いかな。

ハムスターを飼うようになってから、伊ハムスター協会の活動に関心を持つようになった。ごみ箱に捨てられた生まれたばかりのハムちゃんたちの救済や里親探し、ハムちゃんシッターやハムちゃん霊園設立など、内容は年々広く深くなってきている。協会のメンバー間の温度差があって、思うようには進行しないが、みんなの思いは1つ。少しでも多くのハムちゃんの命を救っていこうよ。


e0059574_115278.jpg
残念だったのは、「はい、ここで泣いて下さい!」と言わんばかりのワザとらしいBGM。あれは邪魔で逆効果だった。役者の語りや映像に委ねたほうが、遥かに心に訴えるものがあっただろうに。

製作 国:Japan
初公開日:2013年
監督:平松恵美子
キャスト:堺雅人, 中谷美紀, でんでん, 若林正恭, 吉行和子, 夏八木勲, 草村礼子, 左時枝, 檀れい, 小林稔侍 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-19 01:04 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2014-05-19 23:28 x
amoreさん、こんばんは!
堺雅人も働き者ですね~!最近、TVをつければ堺雅人が現れ、いささか辟易してます。CM出すぎなのでは…あんまし出すぎると、オナカイッパイ消化不良が、いつか吐き気に変わりそうで怖いです。堺さんにかぎらず、香川照之とかすぐれた俳優さんは、あんまりガツガツ出すぎないほうがいいのではと愚見する私です…
私、冷血人間なので、動物と子どもの映画を敬遠してしまいます。観ても感動できない自分に自己嫌悪。犬の実話なら、ペットのドーベルマンが隣人を噛んで裁判沙汰になった、松嶋なな子のご近所トラブルを映画化してほしいかも♪
Commented by amore_spacey at 2014-05-21 02:05
☆ 松たけ子さんへ。
堺くん、引っ張りだこですね。おなかいっぱいになっちゃいそう。その辺りの調整を、堺くん所属の事務所が、うまくやってくれるといいんですが、ま、稼ぎ時だから、イケイケムードなのかも。

私も冷たいヒト&天邪鬼なので、「全米の人々が涙を流しました」「この春これでみんなが泣いた」みたいなキャッチコピーの作品は、バッサリ斬り捨てます。「ここで泣いて下さい」なBGMも、余計なお世話。いつご飯食べて、トイレ行って、笑ったり泣いたりしようが、アタシの勝手だし、そんなことぐらい自分で決めますよねっ。もふもふの子犬ちゃんたち、ホントに可愛かったですよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Game of Throne... È stato il figl... >>