そして父になる

グールドの演奏お気に入り度 ★★★★☆(95点)

e0059574_0375720.jpg
【あらすじ】 野々宮良多(福山雅治)と妻みどり(尾野真千子)の間には6歳になる一人息子・慶多(二宮慶多)がおり、家族は幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、慶多を出産した病院から呼び出される。出生時に子どもの取り違えが起き、実の息子は慶多ではなく、斎木家の琉晴(黄升炫)だというのだ。6年間愛情を注いできた息子が他人の子だったと知り、ショックを受ける良多とみどり。取り違えられたもう一組の家族、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)・ゆかり(真木よう子)と対面した2人は、「子どもの将来のために結論を急いだ方がいい」という病院の提案で斎木家と交流を始め、病院を相手取って裁判を起す。2013年第66回カ ンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。


e0059574_0381287.jpg
この作品には、赤ちゃん取り違え・事件を起こした看護師や病院側・生みの親と育ての親・親子関係など、2時間ではとうてい答えが出ないような問題が詰め込まれているので、下手すると中途半端に終わるのが関の山。だがタイトルが示すように、これは良多にスポットが当てられ、彼の視線で描かれている。他の問題はとりあえず横に置いて、良多のゆるやかな変化を追っていく。


e0059574_0382792.jpg
クールで嫌味なエリート福山雅治、不完全燃焼で起爆剤を抱える尾野真千子、テキトー人間なのにどこか憎めないリリー・フランキー、気さくな下町のおばちゃん真木よう子の4人を中心に、脇役も田中哲司や井浦新など私の好きな役者ばかり。映像や音楽が綺麗過ぎで、現実味は薄れたかも。ま、でも、それが良多の目を通した世の中ってことなんだろうな。


e0059574_04040100.jpg
実は作品より、ときおり思い出したように流れるバッハの『ゴルトベルグ変奏曲』や『パルティータ』が、大変よかった。誰かがささやいているように、ポロンポロンと聴こえてくるピアノの音色。グールドの世界に引き込まれて、胸きゅん053.gifでした。

製作国:Japan
初公開年:2006年
監督:大林宣彦
キャスト:福山雅治, 尾野真千子, リリー・フランキー, 真木よう子, 黄升炫, 田中哲司, 井浦新, 吹風ジュン, 國村隼, 樹木希林, 夏八木勲 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-05-28 00:41 | - Japanese film | Comments(6)
Commented by petapeta_adeliae at 2014-05-28 12:40
つい最近になって60才の男性が取り間違い裁判を起こしたのを
ご存じですか?自分は貧しくて中卒で働き、かたや相手は大卒で
なんの苦労もなく過ごしたということでした。
職場で話題にもなりましたが、10年も一緒にいたらそのまま育てる
という意見もありましたが、現在裁判をしているひとのことを考えると
早めの決着が望ましいと感じます。
Commented by amore_spacey at 2014-05-28 22:32
☆ ソーニャさんへ。
そんなようなニュースを読んだような気がします。子どもの取り違え事件のその後は、大多数が元の家族に子どもを戻すのだそうですが、子どもが未成年というだけで、決定権は親や法廷に委ねられるようですね。生みの親より育ての親と思うのか否か、物心ついた子どもの気持ちや立場がないがしろにされるのはたまりません。
Commented by turezure-italia at 2014-05-30 03:32
こんにちは!お久しぶりです。やっとコンピューターが復活です。

これは映画館でやっていましたね。もうおわっちゃったかな、私は見ないまま終わってしまいました。

私もね、グールドのファンで、グールドが漱石の「草枕」が大好きだと知って、「草枕」を再読したいんですよ。彼のピアノには彼自身のハミングが入っているのがいいですよね。
Commented by amore_spacey at 2014-05-31 00:33
☆ turezureさんへ。
お元気そうでなりよりです!PC環境が不安定ですね。私も映画館には足を運ばず、DLしたのを観ました。グールドは調子が出てくると、レコーディング中だろうが何だろうが、ついハミングしちゃうんですよね。このドラマでも彼のハミングを聞くことができます♪^^ グールドと「草枕」って、なんか納得です。
Commented by xthneh5d at 2014-06-01 22:20
こんにちは。ご無沙汰しておりました。
フランスでも大々的に後悔された「そして父」、キリンといっしょに見に行きました。(キリンは福山ファン)
同じ映画を見ても感じることは違うとは思いますが、あちらも気に入った様子でした。
映画も気に入りましたが、私もグールドが耳に残って忘れられず、オットのCD棚をあさって見ました。
オットがもっていたのは新しい録音の方だったので、この録音とはちょっと違っていて、結局新しく買ってしばらくこればかり聞いていました。
Commented by amore_spacey at 2014-06-02 01:07
☆ xthneh5dさんへ。
お久しぶりです。お元気ですか?日本の映画が大きな映画祭で受賞して、世界中で上映されるって嬉しいですよね。キリンちゃん、大人のテイストですね。私はざっくばらんな雰囲気のDJ 福山さんのほうが、役者の彼より好きかも。下ネタもさらっとしていて面白いし^^

この作品はBGMが脇役なのにぐっと心に残り、そして作品も引き立ててる、本当の意味でのBGMだったなと思います。グールドもきっと喜んでいますね♪ 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Grey's Anat... Complice del si... >>