年下の男

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0521658.jpg
【あらすじ】 平凡な毎日を送る30歳のOLの山口千華子(稲森いずみ)は、行きつけのスポーツジムで年上の伊崎駿(高橋克典)に出逢い、惹かれる。思い切ってアタックしたが、「女は必要ない」と振られて大ショック。そんな千華子に、彼女の弟・卓(山崎裕太)の大学の友人・謙吾(賀集利樹)が近づいてきた。初めは遊び半分だったが、次第に彼女に惹かれていく。また千華子も、優しく情熱的な謙吾を愛するようになる。しかし付き合いが深まるにつれ、8歳の年の差は互いに遠慮と物足りなさを生む。
 一方、千華子を振った駿は、ひょんなことからよく行く弁当屋のおばちゃんを食事に誘う。その女性は千華子の母・花枝(風吹ジュン)だった。まもなく2人は、許されない関係に堕ちる。母が自分を振った相手との不倫に苦しんでいるとは知らず、また恋人が自分の娘の恋した相手とは知らず、母と娘は同じ男をめぐってそれぞれに苦悩するのだった。


e0059574_0536100.jpg
こういうドロドロ劇って大ぁ~ぃ好き。駿と花絵がいちゃつく現場に梓(麻生祐未)が居合わせたり、2人が真夜中に家の前で熱く抱擁するのを千華子が目撃する瞬間や、京都の寺で2人がキスの真っ最中に千華子が登場するシーンや、ワゴン車の中で2人がもつれあっているのを夫の勇一郎(平田満)が目撃するシーンなど、視聴者のテンションも心臓もマックス☆ これって、もう、たまらんぜよ。他人の不幸は蜜の味なのです、ぐふふっ。秘密が暴露されたあとも、仮面家族を続けていくのかな?と思っていたんだけど、暮らす場所は離れていても心は見えない糸で繋がっているって、いいね。


e0059574_0523965.jpg
高橋克典って、実はかなり以前から気になっていたんだァ。11年前の『ポケベルが鳴らなくて』でドラマ・デビューした彼に、いきなり一目ぼれ。いまどき死語のような台詞を連発するキザなヤツなんだけど、普段から彼はあんな話し方だよね。彼の声がこれまた耳に心地よく、視線や仕草も嫌味がない。『珈琲屋の人々』で久しぶりに再会して、克典熱に火がついちゃった。ひとり克典祭りをやろうかな。そうそう、ぶりっ子な裕木奈江が、当時ずいぶん叩かれたっけ。彼女、どうしてるんだろう?風吹ジュンや美保純や大竹しのぶや原田美枝子を見るたびに、彼女たちのような可愛らしさや年相応の分別のある女性になりたいなと思う。思うだけじゃダメだな。私も女磨き、頑張ろっと。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2003年1月9 日~3月20日
演出:佐々木章光
脚本:内舘牧子
キャスト:稲盛いずみ, 高橋克典, 風吹ジュン, 平田満, 山崎裕太, 高橋昌也, 麻生祐未, 賀集利樹, 星野真里 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-02 00:55 | - Japanese film | Comments(4)
Commented by 松たけ子 at 2014-06-02 02:24 x
amoreさん、こんばんは!
おおお~!な、なつかし~!大好きな内館女史の作品!このドラマもめっちゃハマりました!毎回、戦慄&爆笑の嵐でした!ドロドロすぎて笑える、ていうか、確実に笑いを狙ってるとしか思えない演技と演出のつるべ打ち!稲森いずみが風吹ジュンのことを『さかりのついたメス豚!』とか罵る台詞が強烈でした。さかりのついたメス豚って…一度は言われてみたいです(笑)。
特に好きだったのは、麻生裕未!性悪を通り過ぎて、ほとんどき○がいな女を怪演してましたよね~。あと、超ウザいボケ老人の高橋昌也も、父親役の平田満も怖笑!確か、平田さんが障子の隙間から盗み見するシーンがあったはずなのですが、あの姿がヤバすぎて滑稽すぎて忘れがたいです。ああ~また観たいな~。でも、レンタルDVDになってないみたいなんですよ(涙)。スカパーあたりで再放送してくんないかな。 
高橋克典、かっこいいですよね。彼が若い頃、大竹しのぶと清水美砂主演のドラマに脇役で出てたのですが、めっちゃカッコカワイかった!
Commented by petapeta_adeliae at 2014-06-02 12:54
稲盛いずみの出てるドラマってドロドロモノが多いような?!
高橋克典を見るとどうも笑ってしまいます。
以前TVの対談で高校生の頃に五木ひろしと呼ばれていたことを
告白したんです。それから高橋克典を見ると五木ひろしと
被るんです。(^_^;)
弟役の山崎裕太って小学生の頃に日曜日過ぎの明石家さんまの
番組に大勢の子役らと出ていませんでしたか?
星野真理以外知ってるって自分でも驚きです。

同じ独身ならいいけど、いい大人が好き勝手なことをするのはどうか?!
火遊びならまだいいけど、本気になったら失うものが大きいじゃない。
ソーニャは面倒くさがり屋なので隠れてとか、話を合わせるてまで
しても会いたいひとって現れなかったワ。
面食いなのも災いしてるかも。

他人の不幸は蜜の味。。。確かに。


Commented by amore_spacey at 2014-06-03 01:34
☆ 松たけ子さんへ。
おぉぉ、何となくそうじゃないかな、なんて思いながら見てました。やっぱりハマりますよね。途中から、ホント、コメディか?と事件やシーンや演出があって、ドキドキしながらも笑いがとまらなかった。そうそう、障子の隙間から盗み見する四つん這いの平田さんを、後ろからオカマほりたくなっちゃったのは、私だけじゃありませんよね?(爆) 麻生裕未はよくぞあんな嫌な役を引き受けたもんですね。いくら汚れ役だとは言え、女優イメージが崩れるのに。すごいな。

仰っているドラマって『他人の不幸は蜜の味』ですよね?さっそく観てみました。みんな、若っ!高橋克典、可愛い~(*^^*) ますます好きになっちゃいました。紹介ありがとうございました。
Commented by amore_spacey at 2014-06-03 01:38
☆ ソーニャさんへ。
高橋克典=五木ひろし?うんうん、アングルによってはそうかも、ですね。私も面倒くさい関係は御免ですし、面倒なことが苦手なので、こういうのはテレビドラマや映画の中で、疑似体験するに限ります。不倫とか浮気とか、最初はドキドキ&ハラハラで楽しいかもしれませんが、泥沼にハマルったり、一戦交えないといけないような状況になるのは、目に見えていますよね。無駄なエネルギーは使いたくないな。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Game of Throne... 珈琲屋の人々 >>