風雪の海峡 青函トンネルは、今

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_012139.jpg
【あらすじ】 昭和46年、腕の良いトンネル坑夫の保造(高橋幸治)はトンネル工事の仕事を終え故郷に帰ろうとしていた。だが、そんな保造に青函トンネルの仕事が舞い込む。常に危険をともなうトンネル工事への恐怖心から猛反対する妻(市原悦子)をよそに、保造はその困難なプロジェクトにトンネル掘りとしての生きがいを見出す。それから時は経ち、工事も半ばまで進んだ頃、“モグラの子”として虐められていた娘たちも成長し、長女(原田美枝子)は父と同じ坑夫の杉ノ目(田中健)と出会い、愛し合うようになっていくのだった。


e0059574_0121938.jpg
2年前に初めて青函トンネルを通った。保造のような大勢のトンネル男たちが、人力で掘り進んでいった汗の結晶なんだと知りながら、案外あっけなくさらっと通過してしまった。部外者や利用者はこんなものね。

役者がみんな若い。高橋幸治も市原悦子も丹波哲郎も・・・。大滝秀治さんは、あの頃からすでにお爺さん^^ 原田美枝子の若さが、眩しかった。サラサラのロングヘアは蒼井優を彷彿させるが、原田美枝子にはそこはかとない色気が漂い、同性から見ても目眩がする美しさだ。意外だったのが市原悦子。市原=家政婦のイメージしかなかったが、あの人にも若い時代があったんだァ。表情が豊かで可愛らしい女性だ。まるで舞台演技のような大げさな動きや台詞回しがやや気になったが、あの頃の映画やTVドラマってあんな感じだったっけ。役者の目ぢからや存在感も、今とは比べ物にならないほど強くて大きかった。高橋幸治さんはいきなりTV・映画や舞台の世界から姿を消してしまったけれど、今でもお元気かしら?

製作国:Japan
初公開年:1978年
監督:森川時久
キャスト:高橋幸治, 市原悦子, 原田美枝子, 荻野目慶子, 佐野浅夫, 大滝秀治, 丹波哲郎, 加藤武, 仲代達矢(ナレーター) ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-06-25 00:13 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 火宅の人 Game of Throne... >>