Miracolo a Milano (ミラノの奇蹟)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_391199.jpg
【あらすじ】 Totò(Francesco Golisano)は赤ん坊の時、キャベツ畑に捨てられ、Lolotta婆ちゃん(Emma Gramatica)に拾われて育てられる。彼女が死んだあとは孤児院に引き取られた。18歳になったTotòは孤児院を出て、ミラノ郊外の原っぱに掘っ立て小屋の集落を作り、貧しい仲間たちと暮らし始める。しかしこの集落のの広場から石油が噴出したことから、土地の所有者である資本家Mobbi(Guglielmo Barnabò)が、武力行使で住民を追いたてにかかった。この時、天から降りて来たLolotta婆ちゃんの霊が、すべての望みを叶える天の鳩をTotòに与える。


e0059574_392388.jpg
キャベツ畑の中で赤ん坊が泣くオープニングから、『魔女の宅急便』のようにホウキにまたがって空の彼方へ飛び去っていくエンディングまで、走ったり踊ったり回転したり闘ったり人々は躍動し続ける。主人公のTotòが、底抜けに善良で明るい。何をされても怒らない。それどころか人々に幸せを運んでくる天使なのだ。そんな彼のまわりには、突拍子のないことが次々に起こる。もうね、何でもあり!で、笑っちゃうの。


e0059574_393784.jpg
そんな中に、痛烈な社会風刺もきっちり織り込まれている。戦後まもないイタリア。荒廃したイタリアが復興を遂げるに従って、表面化する貧富の差や人間の欲望、そして物質本位になっていく人々の価値観を、冷めた目で見つめている。腹を抱えて笑いながらも、深読みするとシュールでブラックなのね。ちょっと違うが、芭蕉の「おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな」に通じる心境かも。バッタの大群のように空に向かって飛翔するラストシーンは、弾け過ぎてて、そんなエンディングってあり?ビックリ仰天して(● _ ●)言葉が見つからない。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-07-09 03:10 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< I due marescialli Pane, amore e f... >>