The Hunt (偽りなき者)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_040361.jpg
【あらすじ】 離婚と失業の試練を乗り越え、幼稚園の教師になったLucas(Mads Mikkelsen)は、ようやく穏やかな日常を取り戻した。しかしある日、親友Theo(Thomas Bo Larsen)の娘Klara(Annika Wedderkopp)の作り話によって、Lucasは変質者の烙印を押されてしまう。幼いKlaraの証言を、町の住人のみならず、親友だと思っていたTheoまでもが信じて疑わなかった。無実を証明できる手立てのないLucasの言葉に、耳を貸す者はいない。仕事も親友も信用も失ったLucasは、小さな町ですっかり孤立してしまう。2012年第65回カンヌ国際映画祭で、 主演男優賞(Mads Mikkelsen)・エキュメニカル審査員賞・ヴァルカン賞を受賞。


e0059574_0402224.jpg
幼い少女のちょっとした悔しさから出た小さな嘘が、負の連鎖によって一人の男の運命を変える。負の連鎖は、根拠のない憎悪や見えざる悪意に同調しやすい世間(=私たち)や、誰か(弱者)を阻害したり標的にすることで団結する狭い社会が生み出す。近頃は大量のマヤカシ情報で人々をある方向に導こうと扇動するマス・メディアが、率先して負の連鎖を助長している。視聴率や購読数を上げるため躍起になり、真実からできるだけ遠ざけようと企んでいるとしか思えない。しかも悪に同調したり団結したりする人ほど、自分は善良な人間だと信じているから、始末が悪い。ラストシーンは衝撃的だが、あれによって更にリアルで説得力のあるものになった。


e0059574_042394.jpg
『007 カジノ・ロワイヤル』以来、ひさしぶりにMads Mikkelsenを見た。自信家で自己愛が強く、近寄りがたい不気味な役が多い。またそれがハマリ役で、嫌ァなヤツだと思っていたが、世の中の弱者をやらせれば、これまた憎らしいほど上手い。小賢しいワザを使わない。妙な間をとったり死語のような名言を吐いたり、思わせぶりな態度をとったりしない。ただひたすら役の人間になりきる彼。ときおり見せる寂しげなまなざしに、ぐっときた。これって恋の予感?(*^u^*) 2013年から始まったMads主演のTVドラマ『Hannibal』は、片手間に見ていたので、もう1度最初からきちんと鑑賞しよっと。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-07-12 00:42 | - Other film | Comments(2)
Commented by melocoton1 at 2014-07-12 17:18
この映画、いいですよねー。

Mads Mikkelsenってデンマーク映画見ると必ずって言うほどで輝じゃないですか? で、いつも他にいないのかーって思うんだけど、やはり演技はうまいと思う。   “After the Wedding"でも白熱の演技だと思いました。
Commented by amore_spacey at 2014-07-14 05:41
☆ meloさんへ。
あははっ、アルゼンチン映画と言ったらRicardo Darínと同じですね。この作品は、私たちが心の奥底に隠しているどす黒い気持ちを、とてもうまく映像化してますね。リアルなだけに観ていて苦しくなるけど。最近デンマークやスウェーデンの映画やTVドラマにハマッてます。お勧めの作品、観てみますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The Wolf of Wal... I due marescialli >>