少年H

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_17173063.jpg
【あらすじ】 昭和初期の神戸。Hこと妹尾肇(吉岡竜輝)は、好奇心に満ちた少年だった。洋服の仕立屋を営む父・盛夫(水谷豊)、優しい母・敏子(伊藤蘭)に温かく見守られながら、妹の好子(花田優里音)とともにのびのびと育った。幸せいっぱいに過ごす妹尾一家だったが、近所のうどん屋の兄ちゃん(小栗旬)が政治犯として逮捕されたり、召集されたおとこ姉ちゃん(早乙女太一)が脱走したりと、一家の周囲にも次第に戦争の足音が忍び寄ってきた。


e0059574_17222069.jpg
祖父母や両親は、戦時中の話をよくしてくれた。子どもの頃祖父母宅にはまだ大八車があったし、近所には防空壕が残っていた。そんなエピソードや戦争映画・ドラマから、戦争を視覚的にとらえることはできたが、当時どんな気持ちで人々が暮らしていたのか?この作品にはそこに視点が置かれ、丁寧に描かれている。ずいぶん前に読んだ原作は、妹尾河童氏の優れた描写に引き込まれて、あっという間に読み終えた。映画は淡々と展開していく。


e0059574_17262638.jpg
主人公の少年を演じる吉岡くんが、まぁ、どこで見つけてきたんだろう?というくらい、妹尾氏の少年時代にそっくり^^ 白黒はっきりつけたい年頃の少年Hにとって、当時の世の中の流れは理解しがたいものだった。もやもやした少年の思いを、父親は頭ごなしに叱ったりしない。静かに受け止め、「あんたはなぁ、」と言って、子どもにとって摩訶不思議な本音と建前の存在や使い分けを教え諭す。父親の言葉の一つ一つに、子どもへの愛情や生きる力が込められていた。

理不尽でバカげた世の中だと思いながらも、その時代に生まれてしまったからには、なんとか生きていかねばならない責任が誰にでもあることを、父親が身を持って教えてくれたのだ。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-09-27 17:27 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孤独のグルメ Season4 ... Il Vigile (交通警察)   >>