Blue Jasmine (ブルー・ジャスミン)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1561453.jpg
【あらすじ】 ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたJasmine(Cate Blanchett)だが、実業家のHal(Alec Baldwin)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失う。そこで妹Ginger(Sally Hawkins)が暮らすサンフランシスコへ向かうことにする。Gingerは質素なアパートに住むシングルマザーだった。過去にしがみつき抗うつ薬とウォッカを手放せないJasmineは、再び華やかな世界へ舞い戻ろうと画策するのだが・・・。2014年第86回アカデミー賞の主演女優賞(Cate Blanchett)を受賞。


e0059574_1562626.jpg
Cate BlanchettがWoody Allenの作品の主役?しかもコメディって、何かの間違いじゃないの?Cate BlanchettとWoody Allenとコメディの3つが、私の中でうまく繋がらないのだ。ところが観始めたら、あっと言う間に引き込まれた。冒頭からCate Blanchett演じるJasmineが、タダならぬ雰囲気を放っている。憑かれたように喋っている。何か仕出かしそうで、目が離せない。話が進むに従い、現実を直視できないJasmineの不安定な精神状態が破綻をきたして、「うわぁ、こりゃ、終わってる」 ブラック・コメディだ。


e0059574_1563752.jpg
そんなJasmineの奇怪な言動に、思わず笑っちゃう。他人事である限りは、「頭のおかしなヤツがいるな」でスルーできるが、身内や親しい友人だったりすると、厄介で困ったことになる。再び華やかな世界に舞い戻りたいJasmineの気持ちとは裏腹に、彼女の壊れ方に拍車がかかり、救いのない道にはまっていくのだから、回りはお手上げ。本人が真剣で大真面目なだけに(もうアチラの世界に逝っちゃってるから)、傍目には滑稽で痛々しい。BGMのおかげでコメディ・タッチになっているが、BGMを変えれば破綻した女の悲しいドラマにもなり得る。実際、そういう話なんだけどね。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-16 01:58 | - Other film | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2014-10-18 22:08
悲劇と喜劇は裏表なんですね。
Commented by amore_spacey at 2014-10-20 02:06
☆ saheizi-inokoriさんへ。
いらっしゃいませ!&初コメありがとうございます。
そうですね、コインの裏表に似ているかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Les garçons et ... Anita B. >>