Les garçons et Guillaume, à table! (不機嫌なママにメルシィ!)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_159947.jpg
【あらすじ】 Guillaume Gallienneが、ちょっと変わった自分の生い立ちを描いたコメディ・ドラマ。裕福な家庭に生まれ、女の子のように育ったGuillaumeが、様々な苦難を経て本当の自分の姿を見つけ出していく。第39回セザール賞で作品賞・主演男優賞など5部門を獲得。


e0059574_1591859.jpg
本当は3人目に女の子がほしかったママは、食事の時間になるといつもこう叫ぶ。「男の子たちとGuillaume、 ごはんよ!」 これが原題。母親の過干渉のため繊細なGuillaumeは、ジェンダーやセクシュアリティの迷路にはまり込んでしまう。彼が自分自身の価値観で生きていくには、母親の庇護や自分の強い思い込みから抜け出すこと。だからこの作品で本人と母親の一人二役を演じたのは、とても意義深い。幼い頃から身近にいる女性をよく観察してきた彼は、母親を演じるのに何の支障もない。母親を演じているときの彼は、何倍も魅力的だけど、素顔の彼は苦手なタイプかも(ё_ё;)

Guillaumeが掛け布団を腰に巻いて、ドレス風にしているシーンを見て、小さい頃よくやったお姫様ごっこを思い出した。シーツや毛布を、長いドレスの代わりにしたっけ。「やることは似てるんだぁ」と、嬉しいような懐かしいような気持ちになった。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-20 01:59 | - Other film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2014-10-20 23:00 x
amoreさん、こんばんは!
Ooh,la la!これ、すごく観たいあるヨ!「イヴ・サンローラン」でサンローランの恋人演じてたギョーム・ガリエンヌ、全然いい男じゃないけど、大人の才人って感じ。この映画も期待大!amoreさんのレビュウ拝読して、ますます観たくなりました!二役は珍しくないけど、主役とママ役ってのは意表を突いてますね~。
私は今でも酔っぱらったら、シーツやカーテンを体に巻いて、ジュディオングごっこしますよ~(笑)。
Commented by amore_spacey at 2014-10-23 01:17
☆ 松たけ子さんへ。
『イヴ・サンローラン』を観てないんですが、ギョーム・ガリエンヌが出ているのは知っていました。どんな役なんだろう?パッと見た感じが、どうも苦手。たぶんこのパンチ頭がとても残念な印象を与えるのでしょうね。だってママ役をやってる彼は、全く大丈夫だから。いっそのこと女優になったらいいのに、なんて思ってしまいました。それくらい上手いです、女性をやらせると。うぉーっ、今でもシーツやカーテン巻いちゃってますかァ(☆o☆)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Padri e figli (... Blue Jasmine (ブ... >>