The Silence of the Lambs (羊たちの沈黙)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_3271675.jpg
【あらすじ】 アメリカ各地で若い女性が殺害され皮膚を剥がれる、という連続猟奇殺人事件が発生。逃走中の犯人は、Buffalo Billと呼ばれていた。FBIアカデミーの実習生Clarice Starling(Jodie Foster)は、ヴァージニアでの訓練中、行動科学課のJack Crawford(Scott Glenn)から、ある任務を課される。CrawfordはBuffalo Bill事件解明のため、監禁中の凶悪殺人犯の心理分析を行っていたが、元精神科医の囚人Hannibal Lecter(Anthony Hopkins)は、FBIへの協力を拒絶していた。ClariceはCrawfordに代わって事件に関する助言を求めるため、Lecterの収監されているボルティモア州立精神病院に向かう。


e0059574_3272860.jpg
監獄の檻を通してAnthony HopkinsとJodie Fosterの2人が織りなす心理的駆け引き、これはとても見応えがあった。Lecterが持つ怖さは、彼が人肉嗜好だからではなく(ま、これも怖いが)、閉じ込められている牢の鉄格子から彼の魂がいとも簡単に抜け出して、あなたや私のいる日常生活に忍び込み、何食わぬ顔して人々の心の闇を執拗に暴いていく、かろうじて保っている心のバランスを崩していこうとする執念だ。

しかしそんなLecterが、妙にエロティックな雰囲気をまとう。Clariceがつけた香水やハンドクリームのメーカーを嗅ぎ分ける鋭い嗅覚、また檻の中からClariceに書類を返す時、2人の指がかすかに触れ合う一瞬。ドキッとする。じわーっと滲み出る恐怖の中に、艶(なまめ)かしい一面や芸術的なセンスを覗かせる。そしてFBIを手玉にとりながら、ある計画を冷静に着々と実行に移していくのだから、いやはや恐れ入りました。


e0059574_3274072.jpg
一方、知的でタフで上昇志向のClarice。傍目には一点の曇りもない女性だが、犯人の手掛かりをLecterから聞き出す交換条件に、彼女は自分の子供の頃の羊屠殺にまつわるトラウマを話す。そして人に言えない秘密をさらけ出すことで、2人の間に共犯者のような奇妙な感情が芽生える、ウフフッ。クールで知的なClariceも、Lecterによって闇の部分を暴かれてしまう。封印していた過去を思い出し、再び罪深い重苦しい気持ちに揺さぶられるのだ。


e0059574_3275440.jpg
主役の2人の陰に隠れてしまったが、FBI行動科学課長Jack Crawfordを演じたScott Glennの、クールで押さえた立ち居振る舞いは忘れがたい。TVドラマのHannibalと見比べると面白い。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-12-09 03:30 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Falstaff 幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ  >>