ナルニア国物語 Le Cronache di Narnia

私のお気に入り度 ★★☆☆☆(42点)

e0059574_1451068.jpg
期待しすぎた(何を?子どもの時に読んで思い描いたイメージと違っていたからかな?)せいか、最後まで作品の中に入り込めませんでした。この作品はこれとして独立して観なくてはいけないのですが、大スペクタクルの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を観たあとでは、かなりキツイ。因みにイタリア語版のライオンの声は、オマー・シャリフでした。次男エドマンドが食べていた、赤いゼリーのようなイチゴ大福のようなお菓子が、とても美味しそうだった。実際にあるものなの?


e0059574_1932862.jpg
ググッてみたら、ターキッシュ・ディライト(ロクムというトルコのお菓子)という、ゼリーのようなグミのようなお菓子なんですね。



e0059574_1453025.jpge0059574_145519.jpg
4兄弟いると色々ですね、長男長女は年上の責任があり、次男次女は自由奔放で好奇心旺盛で道草をしたがる。ピーターが、英国皇太子の長男ウィリアム王子に心なしか似ていたような。そんな余計なことを考えながら観ているから、ちっとも作品に集中できなかったのかも。夫からクリスマスプレゼントに「ナルニア国物語」を貰ったので、これを真剣に読むことにします。



↑これをぽちっと、応援よろしく(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2005-12-27 01:56 | - Other film | Comments(18)
Commented by jester at 2005-12-27 11:58 x
ふ~~ん、そうだったですか~
日本では3月公開なんですよ。
結構期待しているんだけど、あんまり高まりすぎないほうがいいのですね~~
(大体そうデス。カリブの海賊も期待しすぎてもがっかりしたし。)
Commented by soratuki at 2005-12-27 18:50 x
はじめまして!(^^)!トラバありがとうございます♪
え?ディズニー版の「ナルニア」はイマイチだったのですか??
そうかぁ・・・あまり期待しない方が良さそうですね^^;
私は、イギリス・海外ドラマ版でざぁ~~っと鑑賞しました。
手作り風な画像が興味深い作品でした。
こちらからもTRBさせていただきます♪
Commented by あられ at 2005-12-27 21:20 x
えー、アモレさんが感動できないのならわざわざ映画館に行くのはやめようかな?本の話はいいですよね。Narniaの本を買おうかと思ってたのですが、ハードブックしか見かけないので重くってまだ買ってないです。ちjなみに旦那からのプレゼントはサンダルでした。わたしからは時計でしたが。
Commented by amore_spacey at 2005-12-27 22:19
■jesterさんへ。
えっと、あくまでも私のお気に入り度なので(汗)
小さい頃世界少年少女名作集かなんかで読んだときのあの感動が
映画では全然感じられなかったそのギャップにがっくりってとこです。
パイレーツ・オブ・カリビアンはよかったけどな。2・3も楽しみ。
ってか、ジョニデだけ目で追っているのですけど。

■soratukiさん、いらっしゃいませ~♪
TBありがとうございます。
ディズニー製作だったからなのか?私の視点がふつうと違うのか?
全然話にのめり込めなかったのですョ、ぐすっ。
気を取り直して本を読み直しております。

■あられちゃんへ。
えっと、えっと、あられちゃんがこの映画を観たいと思うのなら
ぜひぜひ映画館まで足を運んで下さいませ~。
予告編で変に期待しすぎたところもあるのですよね、私。
今「ナルニア国物語」(イタリア語版)を読んでます(^^)
Commented by にわっち at 2005-12-29 21:25 x
はじめまして、こんばんは。
トラバからやってきました。
ロクムというお菓子はこんなにきれいな色のものもあるのですね。
私がいただいたのはスタンダードなものなのかしら
・・。
ナッツがたくさん入っていてねっちりした食感がなかなかよかったですよ。
食べ物の話だけですみません(汗)。
Commented by あられ at 2005-12-30 06:55 x
イギリスで映画を家族で見ると高くつきすぎるのでDVD買ってみることにします。私はそれよりもターキッシュディライトが食べたい。
Commented by amore_spacey at 2005-12-30 19:40
■にわっちさん、いらっしゃいませ~♪^^
この映画に出ていたロクムは、ルビー色のとってもおいしそうなお菓子。
母がトルコ旅行のお土産に…と買ってきてくれたのがロクムだったんだーと、今思い出しました。あれは紅茶色のゼリーのような食感にナッツが入っていました。おいしかったです。にわっちさんもこのタイプを召し上がったのでしょうね。

■あられちゃんへ。
お手軽な娯楽だった映画が、イタリアでも徐々に値上がり。
家族3人(くうちゃんは子ども料金)で20ユーロ弱+コーラとポップコーンで一気に25ユーロだものね。ロクム、美味しいよ。
Commented by kino at 2006-01-02 02:08 x
この映画、日本でも早く公開されないかなー。春なんだよね。
「オペラ座」に続き、今年はコレにハマれるか・・・?!
ターキッシュ・ディライト、私もトルコで買ってきた!ピスタチオが入ってたなぁ。
”ボンタン飴”の印象・・・。 子供向け翻訳本では”プリン”って訳されてるのよね。
Commented by amore_spacey at 2006-01-02 21:13
ほぇぇぇ、日本公開は3月なんですね。
昔読んだときに思い描いていたイメージと全然違っていたのがショックに近かったことと、あの大作を3時間弱におさめてしまう荒業がどーも納得できなかった、この2点につきます。ターキッシュ・デライトは母のトルコ旅行土産で食べました。そそ、ピスタキオ(イタリア式発音であります)が入っていて、和風なお菓子っぽかったです。
プリン…って、あんまりなんじゃ( ̄∇ ̄;)
Commented by ミミヅク at 2006-01-02 22:00 x
お菓子、かわいーね。おいしそーだ。和菓子にもこんなのあると思うよ。グミほど歯ごたえないけど。
Commented by ミミ星人 at 2006-01-02 22:01 x
それよか、ケヴィ何でエビアンをあんな顔して見てるんだ? K-paxから来たから?
Commented by amore_spacey at 2006-01-03 02:20
■ミミヅクっちへ。
お土産にもらったけど、こんなに綺麗な色ぢゃなかったじょ~。
ナッツは入ってたけど。求肥みたいな歯ごたえだったな。くいてー。

■ミミ☆人へ。
んだ、んだ、この視線はK-pax星人独特のもんだ。
あの☆には水がないらしいからねぇぇぇぇぇ。ウヒヒッ
Commented by まりりん at 2006-01-03 23:06 x
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
とまず新年のご挨拶をさせて頂いて。
「ロード」三部作のあとだとキツイですか・・
ロードにさんざんはまった後だし、予告編の色合いがややひっかかって、ちょっと不安です。
原作のイメージを大事にしていると、どうしてもいろいろ気になりますよね・・
Commented by amore_spacey at 2006-01-08 22:08
■まりりんさんへ。
と~っても遅くなってしまいましたが(決してスルーした訳じゃないの)
謹賀新年☆こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いしますね。

やはり映像もストーリー展開も平易で
何だかなぁぁぁぁぁぁという不完全燃焼感が残りました。
お菓子は美味しそうでした(笑)
今イタリア語でナルニア物語を読んでいます。
「ロード…」よりはるかに易しいので、すいすいいけます。
Commented by kino at 2006-03-08 21:41 x
バタバタしてて やっとコメ返しに伺えました~。
映画のターキッシュ・デライト、とろーりとして 美味しそうでしたね。
でも、あの温かい飲み物も気になる。
アスランがかっこよかったよー。私は楽しめたクチです。おこちゃま。
Commented by amore_spacey at 2006-03-10 21:59
■kinoさんへ。
お久しぶり~♪
予告編がとてもダイナミックだったので、私は何だか変な期待を抱いてしまったみたい。それなりに楽しむことはできたのですが、作品に感情移入できなかったのが残念。
Commented by dim at 2006-03-11 00:05 x
こんにちは。
TBありがとうございました。

私も予告を観て期待しすぎたのか…いまいち入り込めなかったです。

>ピーターが英国皇太子の長男ウィリアム王子に心なしか似ていたような

おうう!私も誰かに似ているなとは思っていたのです!
そうか~ウィリアム王子だったのか~!
すっきりしました(笑)。
Commented by amore_spacey at 2006-03-12 23:31
■dimさんへ。
ウィリアム王子!!(笑)
闘っている時の精悍な表情が何となく似ていたかなぁと思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< メリーに首ったけ Tutti ... キング・コング King Kong >>