The Great Gatsby (華麗なるギャツビー/2013版)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_2295090.jpg
【あらすじ】 1922年。中西部から大都会ニューヨークにやってきた作家志望の青年Nick Carraway(Tobey Maguire)は、毎晩のように豪華絢爛たる饗宴を開いては大騒ぎを繰り返す若き大富豪Jay Gatsby(Leonardo DiCaprio)の隣家で暮らす。様々な噂のあるGatsbyだが、彼の素性は謎に包まれていた。やがてNickのもとにもパーティの招待状が届き、華やかな世界に足を踏み入れる。そして夜な夜な開かれるパーティは、Gatsbyのかつての恋人だったDaisy(Carey Mulligan)に再会し、彼女と過ごした日々を取り戻そうとするためだと知った。(作品の詳細はこちら


e0059574_229598.jpg
声は聞こえるのになかなかLeo様の顔が見えない。出し惜しみ?やけにもったいぶっていたが、やっと登場したと思ったら、どや顔(爆) DiCaprioの憎めない表情に和んだものの、『タイタニック』の彼とダブるところが多く、ストーリーに入っていけない。愛と偽りに満ちた世界やきらびやかな上流階級の社交界を、現代風にアレンジしたサウンドや華やかな映像で楽しむ分にはよいが、それ以上でもそれ以下でもなかった。


e0059574_230910.jpg
強烈な印象を抱いたRobert Redford主演の1974年版に比べると、本作品は子どもっぽく薄っぺらに見えた。華やかな成功とその裏に潜むGatsbyの苦痛や苦悩、過去の愛を取り戻そうとする虚飾に満ちた孤独な男の姿、そういったものが伝わってこないのだ。残念ながら普通にストーリーを追って、淡々と結末に至るだけになり、心は少しも動かされなかった。1974年版で感じたやるせなさや虚しさもなかった。Daisyを演じたCarey Mulliganはキュートで可愛らしく、どことなく若い頃の堀ちえみに似てない?なんて余計なことを考えているから、ちっとも感情移入ができないのだ(>_<)


e0059574_2301857.jpg
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で「DiCaprioってここまでやっちゃうの?」と彼のはじけっぷりに仰天したが、Gatsbyが何十年ぶりにDaisyと再会するこのシーン↑↑でも、まるで舞台劇のような彼のやや過剰な演技に苦笑。久しぶりに昔の恋人に会うときのその緊張といったら、傍目には滑稽に映るのはよく分かるが、この作品ってコメディ路線?と思わざるを得なかった。


[PR]
by amore_spacey | 2015-06-29 02:30 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The Great Gatsb... Testament of Yo... >>