Kingsman The Secret Service (キングスマン ザ・シークレット・サービス)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1473978.jpg
【あらすじ】 英国スーツを華麗に着こなし、スパイ組織「Kingsman」の一員として活動しているHarry Hart(Colin Firth)。ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。Harryは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたGary Eggsy(Taron Egerton) をキングスマンの候補生に抜擢する。一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者Valentine(Samuel L. Jackson)が、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。(作品の詳細はこちら


e0059574_1484560.jpg
青少年の健全な育成には大変よろしくない、不謹慎でおバカなアクション・スパイ映画。突込み所満載だが、ストーリーが弾けすぎていて、小難しい理屈をこねくり回しているヒマがない。息をつかせないハイテンションな展開で、あっという間の2時間だった。まず緊迫した状況の下、テロリストを捕獲するオープニングに、ぐいっと引きつけられる。これから一体どうなるんだろう?一瞬ここに、不穏な空気が流れる。しかし蓋を開けてみると、これが超過激なバトルロワイヤル・シーンあり、人間への冒涜とも思えるド派手な人体破壊や不謹慎なシーンあり、アメリカ人を上から目線でとらえた台詞もあり。過激でキッチュで何でもありなのだ。あまりにも滑稽でバカバカしくて、力が抜ける。

英国の下層階級に生まれた主役のEggsyが、トレーニングを通して、スパイとしての技術だけではなく、ジェントルマンの精神も学んで、大出世していく。主役のTaron Egertonくんが頼りなげで、「大丈夫かなぁ?」と不安がよぎったが、個性的なベテラン役者たち(Mark Strong・Michael Caine・Samuel L. Jackson )のお陰で、途中でコケることなく最後まで突っ走ってくれた。


e0059574_149198.jpg
漫画から飛び出してきたかのような、インパクトの強いキャラクターが揃ったおバカ映画に、堅物で不器用なキャラが持ち味の、英国紳士の見本であるColin Firthが、スタイリッシュな仕立てスーツに身を包んで登場する。この激しい違和感!しかし、、、一旦壊れると誰よりも凄まじくて、狂ったように人をぶち殺しまくる。とてもグロなColinなのだ、わっはっはっ(≧∇≦)


e0059574_1512387.jpg
えっ、これ、誰?Anthony Hopkinsの年の離れた弟?ではなく、『スター・ウォーズ』以来、◎十年ぶりに見るMark Hamillだった。あの頃の面影がほとんどない。激太り後ダイエットに成功したとはいえ、容貌の激変に衝撃を受けた。あの時共演したHarrison Fordは色んな作品に出演して、役者としてもよい年の重ね方をしているが、Mark Hamillの老け方は・・・。彼の人生に何があったんだろう?


e0059574_245534.jpg
最後はこの愛くるしいパグ犬JB。うるうる潤んだ大きな目玉で見つめるJBに、萌えまくった娘でした。か、可愛い~♪


[PR]
by amore_spacey | 2015-09-22 02:10 | - Other film | Comments(2)
Commented by Zelda at 2015-10-08 21:27 x
こんにちは(^O^)
日本では9月11日から大ヒット上映中!です。
何だか事情があるらしく、吹き替え版がなくて字幕版のみなので、数字はちょっと伸び悩んでいるものの、マシュー・ヴォーン監督作品としては日本で過去最高の興行収入とか。
それもこれも、みんなコリンのおかげですね♪
…と言いきれるかどうかは別として、いくつになっても色っぽいですねこの方は。
またまた大好きになりました(≧▽≦)

タロン・エガートンはロンドンで見たトム・ハーディの最新作「LEGEND」にゲイ役で登場してましたが、「キングスマン」で見た彼とは一味違うセクシーで軽い雰囲気で、いろんな表情を持ってることに驚きました。
この先楽しみな俳優さんです。
Commented by amore_spacey at 2015-10-10 01:15
☆ Zeldaさんへ。
いらっしゃいませ~♪&初コメありがとうございます。
さっそく訪問して下さって嬉しいです。えーっ、最近の洋画は吹き替え版があるんですか?私が日本に居た頃は、ロードショーの洋画は字幕版、TVで放映される洋画は吹き替え版だったような気がします。変わったのかな?マシュー・ヴォーン監督の作品はたぶんこれが初めてなのですが、彼の持ち味が遺憾なく発揮されているそうですね。コリンは歳を重ねるにつれ、品の良い色気が出てきて、ますます目が離せなくなりました。彼の話すイタリア語(奥様がイタリア人)も、耳に心地よくてずっと聞いていたくなります。

実はタロン・エガートンに何となく似ているイタリアの若手俳優が、どうにも軽くて頼りないので、そんな目でタロンを見ていた所があります。ゲイ役ですかー。ゴリマッチョなトム・ハーディに絡む役どころなんでしょうか?LEGENDも観てみますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Inside out (インサ... The Man from U.... >>