The Normal Heart (ノーマル・ハート)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_0215753.jpg
【あらすじ】 1981年。ジャーナリストのNed(Mark Ruffalo)は、ゲイの間で奇妙な伝染病が広まっている噂を耳にする。自身もゲイである彼が病院を訪れると、担当の女医(Julia Roberts)から、現時点では対処法が無く不治の病であると告げられた。この病気を世間に認知してもらうため、Nedは仲間たちと共にGMHC団体を設立。ゲイに対して好意的なニューヨーク・タイムズの記者Felix(Matt Bomer)を紹介されたNedは、やがて彼と恋に落ちるが…。脚本家Larry Kramerの自叙伝的舞台作品を映画化。本作品は、第66回エミー賞のTV映画作品賞を、Matt Bomerが2015年のGolden Globe短編シリーズの最優秀助演男優賞を受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_022309.jpg
Taylor Kitsch1人祭り、始めました^^ 久しぶりに心を動かされた作品で、われながら戸惑ってしまった。イケメンなMatt BomerやTaylor Kitschが出ているというので、軽い気持ちで観始めたんだけど、私も娘も(彼女は2回目の鑑賞、同じところで同じタイミングで泣いたらしい)鼻ジュルジュル…。世間の風当たりの強さや市の無慈悲な対応に激怒したり絶望したり、NedとFelixの一途な愛に羨望にも似た気持ちを抱いたり、病魔に侵されたFelixを献身的に支えるNedの無償の愛に涙したり、GMHC団体内で仲間同士が対立する状況に胸を痛めたり、Felixとの永遠の別れに心身を引き裂かれるNedに感情移入しすぎて苦しくなったりと、心の琴線の振幅が上下に大揺れした。人が本気になった姿は、理屈抜きで私たちの心を大きく揺さぶる。


e0059574_023916.jpg
自分の信じる道を突き進んでいく。誰が何と言おうとなりふりかまわず行動する。そんなNedを演じたMark Ruffalo。地味なおっさんで特に面白味もなさそうだが、いい具合に年を重ね、味のある役者になった。そばにいてくれるだけで、安心。居酒屋に行って一緒に飲みたい、そんな存在だ。社会的には活動家としてガンガン行くのに、Felixと2人だけになると、深く愛し過ぎた彼を失うのが怖くて、思わずFelixに八つ当たり。愛する人の前では自分をさらけ出してしまう、純粋で正直なNedに、うるうる

『ホワイト・カラー』で大ブレイク、その後カミング・アウトで、世界中の女性ファンに衝撃を与えた超イケメンMatt Bomerが、この役作りのため約18キロも減量し、文字通り体当たりでFelixを演じた。イケメン路線を維持するために、この手の役はやらないだろうと思っていたから、良い意味で裏切られた。げっそり痩せ細って目は落ちくぼみ頬もこけ、凄まじく衰弱しきって紙のように薄くなった姿は、痛々しくて見ていられなかった。これがあの輝くばかりに男前なMatt?


e0059574_0233514.jpg
Julias姐の圧倒的な存在感に…脱帽。有無を言わせないオーラを持っている。ある時期から社会派ドラマの中で体制側に1人果敢に挑んでいく役柄が増えてきたせいか、Julia姐は女性とか男性とかいう「性」を超越してしまった感があるのだ。うーん、これって褒めているのか、どうなの?


e0059574_0244531.jpg
さて本日のシェフおすすめ料理は、『トゥルー・ディテクティブ』シーズン2で、一目惚れしてしまったTaylor Kitsch(*^^*) アングルや表情によっては、Visconti監督を虜にしたHelmut Bergerを彷彿させ、私は萌えまくりました。ストイックでクールでちょっぴり翳があって、神経質な顔立ちが好き。ところで彼って着痩せするタイプですか?シャープな顔立ちからは、あんなゴリマッチョな身体が想像できず、ちょっと衝撃だった。も少し肩の筋肉が少なくていいし、胸板も薄くていい。というのは、私のわがままデス。そのうちTaylor1人祭りもやりたいのですが、どうなることやら?


[PR]
by amore_spacey | 2015-10-07 00:36 | - Other film | Comments(4)
Commented by amamori120 at 2015-10-07 22:30
いつも読み逃げでスンマヘンが拝見してますヨ ♪
Commented by 松たけ子 at 2015-10-08 19:06 x
amoreさん、こんばんは!
じぇじぇじぇ(死語)!!ノーマルハート、私も感動の涙にむせびました!普段はゴビ砂漠のように乾いてる冷血人間な私の、目も心も濡らしてくれた稀有な作品でした~。
ネッドとフェリックスの別れのシーン、悲劇的でありながら、何だか羨ましさも覚えて…あんなに誰かを愛し誰かに愛された人生、幸せで崇高です。
マーク・ラファロの優しさ温かさ、マット・ボマーの美しさ悲痛さも忘れがたいです。ジュリ姐の貫禄、男気もさすがでしたね。
私、このドラマでテイラー・キッチュに惚れました!ヘルムートに確かに似てるかも!ゴツいところも好きなんですよ~。「野蛮なやつら」のテイラーは、さらにゴリマッチョ化してますよ~。早くトゥルー・ディテクティブが観たいです!
Commented by amore_spacey at 2015-10-10 00:46
☆ 雨漏りさんへ。
ありがとうございまーす♪
Commented by amore_spacey at 2015-10-10 01:02
☆ 松たけ子さんへ。
冷血人間amoreも、これ観て鼻の奥がつーんと熱くなり、思わず着物の袂でそっと涙拭いたのでした。マークとマットの間に流れる、恋愛の領域を超えた人間を丸ごと愛する本気で純粋な気持ち、そこに私たちはハッとさせられたのではないかなと思います。あんなに愛し愛されるなんて、いいなぁ(羨)

たけ子さんはこの作品でテイラーに出会われたんですね。分かりますよ、このテイラーも素敵!ブロンドのショートもメッチャ似合ってる。『野蛮なやつら』もDLしてあるんですが、さらにゴリマッチョ化してるって、ううぅぅぅ。彼、首から上と下では別人じゃないか?って、わたし的は思えるくらい、ゴリマッチョ苦手&違和感ありありなんです(滝汗)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ヨルタモリ Royal Affair (ロ... >>