Hodejegerne (ヘッドハンター)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_253660.jpg
【あらすじ】 背が低くて冴えない風貌ながら、優秀な人材を引き抜く敏腕ヘッドハンターとして名をはせ、誰もがうらやむような美しい女性Diana(Synnøve Macody Lund)と暮らしているRoger(Aksel Hennie)。しかし彼女との豪勢な暮らしを続けるために、美術品を盗んでは生活資金へと変えていた。
 そんな折り、Rogerは電子機器の分野で成功を収めた元エリート軍人のClas(Nikolaj Coster-Waldau)と知り合う。その高価な絵画コレクションの存在をつかんだ彼は、最後の大仕事としてClasの屋敷に忍び込んだ。しかしそこで、人生最大最悪のトラブルに遭遇する。(作品の詳細はこちら


e0059574_2532054.jpg
小気味のよいテンポで展開するが、どの方向に話が進んでいるのか見当がつかず、ブラック・コメディなのか大真面目なドラマなのか、最後までオチが分からない。騙し合い・裏切り・落とし穴の掛け合い…と状況が刻々と変化し、今度こそ絶体絶命!なシーンが何度も出てきて、「ありえない!」と突っ込みながら常に緊張状態を強いられる作品だった。

序盤では、Rogerが副業にしている絵画泥棒の余裕の仕事ぶりを見せてくれる。しかし人生最悪の事件勃発によって、Rogerが追われる身となってからは、画面から目が離せなくなるのだ。この先どうなっちゃうの?突っ込み所はあるが、映像と演出のリアルさに優れているので、許容範囲。伏線の回収もお見事。


e0059574_2534784.jpg
e0059574_2535946.jpg
e0059574_2541089.jpg
血まみれ、糞まみれ、撃ち合いシーンあり。倫理や道徳に反するシーンもてんこ盛り。なのに作品全体に緩~い可笑しさが漂う。不思議で魅力のある作品だった。


e0059574_2542327.jpg
Rogerを演じたAksel Hennieは、Steve BuscemiとChristopher Walkenを足して2で割ったような顔立ちに加え、年齢不詳の不思議な風貌の持ち主だ。Dianaに手当てしてもらう丸坊主Rogerガ、まるでママと息子の姿で微笑ましかった。何だかんだ言っても、愛の力は大きいのだ。


[PR]
by amore_spacey | 2015-10-29 02:54 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孤独のグルメ シーズン5 第3話 孤独のグルメ シーズン5 第2話 >>