She’s funny that way(マイ・ファニー・レディ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_047613.jpg
【あらすじ】 演出家のArnold Albertson(Owen Wilson)は自身の新作舞台に、新人女優のIsabella ‘Izzy’ Patterson(Imogen Poots)を起用した。Izzyは高級コールガールだったが、お客としてやって来たAlbertsonにその素質を見出されて、女優に転身したのである。新作舞台には、Albertsonの妻Delta(Kathryn Hahn)やDeltaの元彼Seth Gilbert(Rhys Ifans)も起用されていた。これだけの人間が集まって、感情的な衝突が起きないわけはなかった。(作品の詳細はこちら


e0059574_0495623.jpg
新進のハリウッドスターIsabella=Izzyが、記者からのインタビューに答えていく形式で、彼女のキャリアのきっかけを作ったエピソードを順次語っていく。このIzzyを演じたImogen Pootsが、とてもキュート。コールガールらしからぬ?ファニーフェイスで、エレガントな大人とは程遠いところにいるが、彼女と過ごしたら退屈しないだろうなと思わせてくれる。

一夜を共にしたコールガールと舞台演出家が、コールガールを主役にした新作のオーディションで、何と!バッタリ再会。慌てふためく2人を中心に、当人たちの意図せぬところで繋がっていく人々が入り乱れて、予想通りオーディションは大混乱に陥る。ストーリーもハッピーエンドを迎えるのも想定内で、目新しいものはないけれど、ゆる~く楽しめる。


e0059574_050676.jpg
e0059574_0501930.jpg
それぞれ秘密を抱え、思惑のある登場人物たちが、ラストには舞台に全員集合し、乱闘騒ぎになるが、見事に大団円を迎える。映画が全盛期の古き良き時代に想いを馳せながら、映画を作る人や観る人へのオマージュとも言える、映画愛に満ちた作品だった。Quentin Tarantinoがカメオ出演。


[PR]
by amore_spacey | 2015-11-06 02:02 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 孤独のグルメ シーズン5 第4話 John Wick (ジョン・... >>