John Carter (ジョン・カーター)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_1851391.jpg
【あらすじ】 1881年のニューヨーク、大富豪のJohn Carter(Taylor Kitsch)が忽然と姿を消す。甥のEdgar Rice Burrough(Daryl Sabara)に託された日記には、未知の惑星バルスームでのJohn Carterの驚きの体験が記されていた。愛する妻と娘を失い、生きる意味を見失っていたJohn Carterが、不思議な現象によって未知の惑星バルスームに迷い込んだのだった。Edgar Rice Burroughsの古典SF『火星のプリンセス』を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_1852648.jpg
e0059574_1855080.jpg
e0059574_1861196.jpg
Taylor Kitsch1人祭り、続行中。「大コケ」「歴史に残る失敗作」「史上最大の赤字作」と酷評されたが、セミロング+半裸のターザンTaylor Kitschがカッコよすぎ。ホントにバカバカしい内容なんだけど、娯楽に徹して面白かった。空をとぶシーンや戦闘シーンや、戦車やブルーの光などは、『ナウシカ』『天空の城ラピュタ』『ハウルの城』や『アバター』を彷彿させ、「宮崎作品をパクッた?」なんて思ったが、よくよく考えたら本作品の原作の初版が1917年なので、宮崎氏がBurroughs氏の小説から着想を得たのでは?とも考えられる。ま、そんなことは、どうでもいい。I love Taylor Kitsch 053.gif


e0059574_1862165.jpg
John Carterにすっかりなついた子犬のWoola(Bryan Cranston)。ボテボテの図体に似合わず機敏で、ここ一番という時には、砂煙を蹴立てて疾走する。動かないと不気味だが、分厚くデカい舌でJohn Carterをベロベロ舐める姿は、超かわいい。


e0059574_187348.jpg
ふっと気がつくと横に居る、姿を変えてどこにでも現れる。狂言回し的存在のMark Strong。ところでエンドロールにWillem Dafoeの名前を見つけて、「え゛ーっ?」 どこにいたっけ?本作品が面白かったので、原作も読んでみたい。


[PR]
by amore_spacey | 2015-11-21 18:08 | - Other film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2015-11-22 20:18 x
こんばんは!
おお~!テイラー・キッチュ!私も大好きです!彼の出演作コンプリートしたいのだけど、この映画ほんま評判悪いですよね~。そんなにダメ映画なの?!と、返って観たくなるほど。でも私、ハヤオのアニメもファンタジーも苦手なんですよ~。できればこの映画よりも、トゥルー・ディテクティブのほうが観たいんだけど…でもターザンなテイラー見たいので、食わず嫌いはやめます♪
Commented by amore_spacey at 2015-11-22 20:40
☆ 松たけ子さんへ。
Taylor祭り、はじめました。切れ長の瞳、Tシャツの下にはマッチョなナイスバディ、耳に心地よい声・・・。好き好き、大好きです。ところがこの映画について検索すると、ネガティブな言葉が出てくる、出てくる!SF系の作品は苦手なのですが、Taylorがめちゃくちゃカッコよかったので、完走できました。ええ、食わず嫌いはやめて、これもいつかぜひご覧になって下さい。セミロングの彼、すごくいい。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Michael Kohlhaa... The Necessary D... >>