Coco Chanel & Igor Stravinsky (シャネル&ストラヴィンスキー)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_4202874.jpg
【あらすじ】 1913年のパリでStravinsky(Mads Mikkelsen)の新作『春の祭典』の初日を迎えたが、観客はそのあまりにも斬新な内容についていけず、激しいブーイングが起きた。その7年後、デザイナーとして成功したChanel(Anna Mouglalis)は、Stravinskyの才能にほれ込み、自分の別荘に彼とその家族を滞在させる。(作品の詳細はこちら


e0059574_4204099.jpg
e0059574_420531.jpg
e0059574_421694.jpg
e0059574_4211843.jpg
Mads1人祭り、続行中!手っ取り早く言えば、ChanelとStravinskyの痴話なんだけど(端折りすぎ?)、美しい映像やベルリンフィルの素晴らしい音色に浸ることができたのは、予想外の収穫だった。Madsは世界中のいい女を抱いて、男冥利に尽きるんじゃないのかな?いいなぁ、今からでも遅くない、私も女優を目指そう!(爆) きりっと引き締まった形のよいお尻をじっくり拝見できたのも、よい目の保養になりました^^ Anna Mouglalisのゴージャスなエロさも、たまりません。


e0059574_4222592.jpg
こんな顔+メガネの人が、昭和初期の日本に、ゴロゴロいそうです。このメガネ、中井貴一兄にも絶対似合う。


e0059574_4223524.jpg
e0059574_423063.jpg
現存するStravinskyの写真を見ると、気難しくて変わり者かなと思ったりするが、実は節操がなくてだらしがないトコがあったのね。ったく男ってヤツは・・・。農家の娘として育った純朴で世間ズレしていない妻Katarina。経済的な自立はないし、洗練されたところもない。しかも病弱ときている。あるのは家族を守る、覚悟。ロシアの大地のごとくどっしりした彼女の覚悟に、Chanelは敵わなかったのだろうな。


e0059574_4231977.jpg
Anna Mouglalisが放つ独特のオーラやエロティズムに、今回もやられた。演技はそれほど上手いとは思わないが(いつも役になりきれず、Annaがいる!ってな具合が残念)、人の心をひきつける魔力があるんだなァ。ほんの少しくたびれた感のあるAnnaが素敵。


[PR]
by amore_spacey | 2015-11-30 04:27 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Battleship (バトル... 孤独のグルメ シーズン5 第6話 >>