Anything for Her (すべて彼女のために)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_017714.jpg
【あらすじ】 パリ。国語の教師のJulien(Vincent Lindon)は妻子とともに幸せな日々を過ごしていた。しかしある日妻Lisa(Diane Kruger)が上司を殺した罪で逮捕される。Lisaの無罪を晴らせないまま3年のときが過ぎ、Julienは息子Oscar(Lancelot Roch)とLisaと3人で暮らすためにある計画を画策する。(作品の詳細はこちら


e0059574_0171856.jpg
何となくフランス映画1人祭り。実はそうと知らず、ハリウッドのリメイク版『スリーデイズ』を先に観ていた。展開は殆ど同じなのに、オリジナルとリメイクには、上映時間に大きな差がある。リメイク版は米国国旗を背負ったかのような気負いっぷりで、Russell Croweの頑張り方がハンパない。そのあとでオリジナルを観ると、ご馳走後のお茶漬けのようにアッサリしているが、より現実味があった。

眼光は鋭いものの、顔に深い皺が刻まれたショボくれたおじさんという風体のVincent Lindon。典型的な中産階級&労働者階級の顔だが、平凡な中にとんでもないことを仕出かしそうな危うさを秘めている。世間では大事件が起きるたびに、「えっ?あんないい人が?」という友人や近所の人の談話が、お約束のように出てくるが、私たちは多かれ少なかれ多重人格で百面相。異常事態に置かれた時に踏み留まれない人は、大事な一線をこえてしまう。それが犯罪ってヤツだ。


e0059574_0174673.jpg
アングルによってGrace KellyだったりAudrey Hepburnだったりする、美しいDiane Kruger。今回はどんな演技を見せてくれるか楽しみにしていたが、またしても澄ました美人キャラの域から抜け出ていなかった。正統派美人女優だけど、面白味がなくて退屈。

Julienのパパは息子一家の逃亡計画に気づくが、何も言わずジャケットを息子に手渡す。このシーンに、鼻の奥が熱くなった。


[PR]
by amore_spacey | 2015-12-26 00:19 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Manhunter (刑事グラ... 36 Quai Des Orf... >>