Caché (隠された記憶)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_2163311.jpg
【あらすじ】 テレビ番組の人気キャスター、Georges Laurent(Daniel Auteuil)と出版社に勤める妻Anne Laurent(Juliette Binoche)の元に、送り主不明のビデオテープが不気味な絵とともに送られてきた。しかもビデオテープに映っているのは、Georgesたちの家や彼らの日常の姿。2人は単なる悪戯として片づけようとするが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_2164497.jpg
e0059574_2174385.jpg
引き続きフランス映画1人祭り。いやぁ、参りました。初回の鑑賞で、ビデオの送り主探しにハマってしまい、画面のどこかにヒントが隠されているはず、と目を皿のようにして見続けたため、スタミナ切れでラストシーンは爆睡(Ф_Ф;) 2回目は空っぽの頭で臨み、犯人探しは一旦頭の片隅に追いやるも、打てば響くような明確なものが得られず、悶々とした日々を過ごす。


e0059574_2165766.jpg
e0059574_2172355.jpg
何となく思い至った1つが、フランス vs 国内に暮らす旧植民地の関係や人種差別を、主人公の潜在意識に投影したと思われる監督の意図。冒頭に登場する自転車に乗った男に対するGeorgesの高Pな態度、Georgesの両親が養子として引き取ったMajidに卑劣なことをやった幼いGeorges、そしてMajidの息子に高圧的に迫るGeorges。ここから善人ぶった知識人という、Georgesの人物像が浮かび上がってくる。

もう1つは、ぬくもりのないGeorgesの家庭。夫婦関係や実母(Annie Girardot)とGeorgesの関係が微妙、息子のPierrotは母親の浮気を疑って不信感を抱いている、息子と父親の間もギクシャク。裕福な中産階級に属する知識人を気取るGeorgesが築き上げたものは、冷え切った家庭だったということか。ふつうね、自宅に帰ったとき、家族にかける最初の言葉って、「ただいま~!」なのに、Pierrotの「こんばんは」って、他人行儀すぎませんかァ?


[PR]
by amore_spacey | 2015-12-29 02:17 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Taylor Kitsch (... Manhunter (刑事グラ... >>