Macbeth (マクベス)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0422120.jpg
【あらすじ】 Macbeth(Michael Fassbender)はDunkan王(David Thewlis)の部下として従軍し、勝利を手にしたものの、多くの部下が犠牲になってしまった。この戦いの様子を遠くから眺めていた3人の女性と1人の少女は、MacbethとBanquo(Paddy Considine)の前に姿を現し、Macbethには「万歳、いずれ王になるお方」、Banquoには「将来の王の父親となられるお方」と予言し、霧の中に消えて行った。William Shakespeareの同名戯曲を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_0423133.jpg
e0059574_0424318.jpg
e0059574_0425290.jpg
e0059574_0431574.jpg
MacbethがMichael Fassbenderの、そしてFassbenderがMacbethの新たな魅力を引き出した、Shakespeare劇を映画化した中でも特筆すべき作品の1つではないか?前半は思わず寝入りそうになったが、総体的にずっしり見応えがあり、映像がこれまた息を飲むほど素晴らしい。Shakespeare劇はモノローグに近い役者泣かせの作品が多く、Fassbenderも大量の長い台詞を覚えるのに、苦労したんだろうな。

Dunkan王を刺した短剣を手にしたまま、Macbethが妻のもとに戻ってきたシーンは秀逸。子どもが母に話すように、図体のでかいFassbenderが小さくなって妻に報告する。「ボク、かあちゃんの言いつけを守って、すごいことをやってきたよ。見て見て!」 しかしMacbethの手中には、血まみれの短剣。「ったく、お前って本当の大バカものだね。殺害の証拠物品を持ち帰ってくるなんて、呆れてものが言えないよ。」「少しは自分の頭で考えなさい」 … Macbeth夫人は胸に去来する言葉をぐっと飲み込み、怒髪天をついて叫んだ。「その短剣をよこしなさい。私が現場に返してくるからっ(怒)!」 Macbethの身体がさらに小さく縮こまる。


e0059574_043677.jpg
e0059574_0433887.jpg
Macbeth夫人を演じたMarion Cotillardも大健闘で良かったが、濃厚な牡牛のような大柄なFassbenderの横に並ぶと、Marionがかすんでしまうのだ。『ゲーム・オブ・スローン』でCerseiを演じるLena Headeyや、年齢は高くなるが『チューダー朝』でヘンリー8世の最初の妻を演じたMaria Doyle Kennedy、牝牛のように存在感のある彼女たちにMacbeth夫人をやらせたら、また違った色合いの作品になったに違いない。


[PR]
by amore_spacey | 2016-01-13 00:51 | - Other film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2016-01-14 00:14 x
amoreさん、こんばんは!
じぇじぇじぇ!今度はマクベスですか!いいなあ~。人気スターの新作を早く観ることができて!
こないだ黒澤明監督の「蜘蛛巣城」を観たばかりだし、最新版マクベスも楽しみ!ファスベンの鬼気迫る演技、研ぎ澄まされた男前っぷりも待ち遠しい!ファスベンはスティーブ・ジョブズもあるし、ファンには嬉しい年になりそう。
マリオン・コティアールは、いい女優だけど、マクベス夫人といえばの毒々しさとか妖しさ、迫力はなさそうですね~…
Commented by amore_spacey at 2016-01-14 02:18
☆ 松たけ子さんへ。
今年はロードショー強化年にしようかなと思い、せっせと映画館に通っています。前半はモノローグが多く、戦場なのにスローモーションが入ったりして、わたし的にはものすごく退屈だったのですが、途中からぐいぐい引き込まれました。マリオンちゃんヴァージョンのマクベス夫人も良かったです。でも記事にも書きましたが、マイケル扮するマクベスと釣り合いがとれてないような気がしました。彼女のフランス人のDNAが邪魔して、血生臭く毒々しい女には、力及ばずといったところでしょうか。て、アタシッたら何様???
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Centurion (センチュ... Taylor Kitsch (... >>