12 Years a Slave (それでも夜は明ける)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_18305949.jpg
【あらすじ】 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家Solomon(Chiwetel Ejiofor)は、ある日突然拉致され、奴隷として綿花農園に売られてしまう。狂信的な選民主義者Epps(Michael Fassbender)ら白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続けた。やがて12年の歳月が流れ、Solomonは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者Bass(Brad Pitt)と出会う。(作品の詳細はこちら


e0059574_18311766.jpg
e0059574_18312965.jpg
e0059574_18314667.jpg
e0059574_18315998.jpg
Fassbender1人祭り続行中。彼の他にもFordを演じるBenedict CumberbatchやBrapiが好演し、中弛みのない魅力的な作品だった。奴隷たちや妻の前で威張りくさっているFassbender。彼は自分をコントロールできない、赤ん坊が身体だけ大きくなったような人間だ。切れ方や壊れっぷりが半端なく、奴隷への仕打ちも容赦なし。いやぁ、それにしても、Brad Pittはおいし過ぎる役だったな。この作品を観て、奴隷に対する白人の意識が、南北で大きな違いがあったことを知った。


e0059574_18342811.jpg
e0059574_18344334.jpg
e0059574_18345217.jpg
Patsey(Lupita Nyong'o)を追い求めるFassbenderの姿は、ママを探す赤ん坊と同じ。彼女が突然姿を消したりすると、我慢を知らない子どもは一気に猛獣化して、ドカーンと大爆発する。お願いですから、彼を檻に閉じ込めておいて下さい。Solomonは精神的な自立を知っていた。彼は精神的な自由を掴んでいたから、人として生きていくことを諦めなかった。お子ちゃまなFassbenderが、Solomonの鋼(はがね)のような精神力に敵うはずがない。


[PR]
by amore_spacey | 2016-01-14 18:47 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< R.I.P. Alan Ric... Centurion (センチュ... >>