Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_217252.jpg
【あらすじ】 1984年 Macintosh発表会。本番40分前、主役のMacintoshがうまく作動せず、それなら発表会は中止するというSteve Jobs(Michael Fassbender)に、音声ソフトなしで進めることを提案するJoanna Hoffman(Kate Winslet)。会場の控室には元恋人Chrisann Brennan(Katherine Waterston)が、娘のLisa(Makenzie Moss)と待っていた。娘の認知を拒否し、タイム誌の取材に「米国男性の28%は父親の可能性がある」と言ったJobsに抗議に来たのだった。
 Steve Jobsの人生の中で転機となった、1984年 Macintosh発表会・1988年 NeXT Cube発表会・1998年 iMac発表会の幕が上がる前の舞台裏40分を描いた伝記ドラマ。(作品の詳細はこちら


e0059574_2184733.jpg
e0059574_2185785.jpg
e0059574_2191162.jpg
Fassbender1人祭り続行中。舞台劇のような作品で、1人の人間として、また父親としてのSteve Jobs像をじっくり堪能することができた。それにしても人間的には、問題の多い人だったようだ。頭ごなしにスタッフを怒鳴り散らす、うまくいかなきゃ子どものように拗ねる、友人の手柄を横取りする…。上司には絶対になって欲しくない。父親や夫もヤダ。ビジネス戦略には非常に長けていたが、歪(いびつ)で寂しい独裁者だったのでは?と思われる。真っ白なポスターに、Steveがぽつんと1人。これが全てを物語っている。


e0059574_2192837.jpg
e0059574_2194049.jpg
e0059574_2201263.jpg
もし才能溢れる友人たちやJoannaがいなかったら、カリスマSteveは誕生しなかったかもしれない。娘Lisaとの関係も、どうなっていたことやら。DNA鑑定で父親と認定されたにも拘わらず、娘を拒否し続けた。父親としてどうふるまっていいのか、彼自身が途方にくれていたのだ。娘のことを本当に愛せるかどうかさえ、彼には分からなかった。孤独な少年時代を過ごした彼は、温かい家族や親の存在に飢えていたにも拘らず、同時に、そういうものに嫌悪感を抱いていた・・・のかもしれない。

この作品でMichael Fassbenderの魅力に、ますますハマッた。アレがでかい(グフフッ)、危険な香りをまとっている、官能的でとてもセクシー。彼を形容する言葉は色々あるが、Steveを演じた彼はそのどれでもなく(危険な香りはあったかも)、誰にも埋められない孤独感や寂しさをまとい、ぎゅっとハグしてあげたかった。Kate Winsletもグッジョブ!


[PR]
by amore_spacey | 2016-01-27 02:33 | - Other film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2016-01-29 01:00 x
こんばんは!
お!スティーブ・ジョブズもご覧になったのですね!いいなあ~。amoreさんの充実したcinema lifeが羨ましいです。私なんか、今年に入ってまだ1本しか観てないし…
ファスベン、相変わらずいい男!今回は孤独で寂しい魅力全開なのですね。色気はでも封印?それはそうと。ファスベン、前から噂のあったアリシア・ヴィキャンデルとはホントに付き合ってたんですね。GG賞での堂々とした二人が素敵でしたね。
ケイト・ウィンスレットも大好きな女優!今回も貫禄ありそう!今年のGG賞でのレオとの久々のツーショットが嬉しかったです。ファスベンがレオより年下ってのが、ちょっと驚きです。
Commented by amore_spacey at 2016-01-29 02:59
☆ 松たけ子さんへ。
そうなんです、今年はロードショー強化年にするつもりで、年明けからガンガン観ています。いつまで続くか分かりませんが…(苦笑) 全然スティーブ・ジョブズに似てない!という声に、容貌が似てりゃいいのか?と突っ込みたいamoreです。スティーブ・ジョブ@アシュトン・カッチャーを観ていないので、比べることはできませんが、私はファスベンのスティーブがとても良かった、気に入りました。

そうそう、GGでのケイト&レオのツーショットにうるっと来ました。2人だけの同窓会って感じがよかった。それはそうと、ファスベンはDVで訴えられた過去がありますね。椅子を投げ下ろして、元カノを負傷させたって(● _ ●) うーん、想像できなくもないデス(汗)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Room (ルーム) Incendies (灼熱の魂) >>