45 years (さざなみ)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (86点)

e0059574_158045.jpg
【あらすじ】 イギリスはNorfolk州の田舎町。土曜日に結婚45周年の記念パーティを控えるGeoff(Tom Courtenay)とKate(Charlotte Rampling)夫婦。しかし月曜に届いた手紙がきっかけとなって、山岳事故で命を落としたGeoffの元恋人の存在が、2人の間に浮き上がってくる。かつての恋人との記憶をよみがえらせてはそれに浸るGeoffと、すでにこの世にはいない彼女に嫉妬を募らせていくKate。次第にKateはGeoffに対する不信感を抱くようになり、長い夫婦生活で育んできた愛情や絆がゆるぎはじめる。David Constantineの短編小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_1581625.jpg
e0059574_1582972.jpg
イギリスの田舎町に暮らす70代前後の夫婦の、月曜日から土曜日までの日常生活を描いている。静かな中にもじっくりと見応えのある作品で、男性・女性それぞれの視点から楽しめると思う。長く連れ添った夫婦の心の機微を、何気ない仕草や会話の端々に上手く描き出している。


e0059574_1584360.jpg
e0059574_1585565.jpg
どうしても共感できなかったのは、元恋人のことを忘れられないGeoff。かつて付き合った人や、結婚まで約束したのに諸事情で別れた人のことなどを、何かの折にふっと思い出したりすることは誰にだってある。そこでちょっぴり幸せになったり、「自分は若かったな」と苦笑したり。でも昔の恋人に関する物をいつまでも大事に隠し持っていたり、丑三つ時に屋根裏部屋で昔の彼女の1人スライド映写祭をやったりするGeoffの脳みそって、どうなってんの?目の前に愛する妻がいながら、彼の心を大きく占めているのが、事故で亡くなった元恋人って、あんた、それ、マジで言ってんの?と一喝したい。男性の心は永遠の少年、とか何とか都合のいいことを言うけれど、ふざけんじゃないわよ。


e0059574_159204.jpg
そんなGeoffなのに、結婚45周年記念パーティで、、「私の人生で最大の収穫はKate、君と出会い結婚できたことだ」と、予想通り涙ながらのスピーチ。その後プラッターズの「煙が目に沁みる」に合わせて、2人はハグしながら踊るが、Kateの目は宙を彷徨い、まるで上の空。どうやっても埋められない溝が、2人の間に出来てしまった。2人にはどんな暮らしが待っているんだろう?


e0059574_1593355.jpg
e0059574_159472.jpg
ところでCharlotte Ramplingのピアノ演奏、あれは彼女が弾いていたんですよねぇ?椅子の軋む音が気になったけれど、ピアノに向かうCharlotteが素敵だったなぁ。若い頃の彼女も、本当に素敵。Charlotteのアンニュイな雰囲気に、かなり最近までフランス人だと思っていました。


[PR]
by amore_spacey | 2016-02-09 02:01 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Istruzioni per ... Richard III (リチ... >>