25 la 25a ora

私のお気に入り度 ★★★☆☆(69点)

e0059574_18131273.jpg
アクターズ・スタジオに出演したエドワード・ノートンに惹かれて、初めて彼の出演作を観る。戌年にちなんでワンコが冒頭に登場したのは偶然なのだけれど(笑)、ワンコは本当に忠実な動物なのでしょうか?飼ったことがないので分かりません。


e0059574_18133117.jpg
何者かが警察にモンティ(=エド)の麻薬密売をタレ込んだせいで、ムショ入りになる彼に残されたシャバでの1日を追い続ける。過去と現在の交錯。9月11日のNYツインタワー爆破テロ事件後の建築現場を見下ろしながら、「7年後モンティがシャバに出てくる頃には、俺たちの友情なんてかけらもないよなぁ」、モンティが親友と信じている2人の会話。そうかもしれない。女の友情は男関係が絡んでくると、プッツリ切れるコトが多い。男の友情は熱くて堅くていいと思う。その男の友情も長続きしないのか。


e0059574_18135467.jpg
ディスコのシーンはこの青が綺麗でした。けだるさと現実ばなれした時間の流れが、この青色に滲み出ていたと思う。


e0059574_18142338.jpg何だかんだ言っても家族。「これを持って行けよ」と父親が差し出すのは、一枚の写真。子どもの頃のモンティが両親と一緒に写っている写真。

食事の途中でエドがトイレに立つ。その鏡の隅に書かれた罵倒言葉を見ながら、鏡に映った自分を見ながら、もう一人のモンティが歩き出す。「移民のタクシードライバーの馬鹿野郎!! 韓国人の糞ったれ!! 黒人野郎なんか失せろ~!!…」 しかし、ムショに向かう車の中で思うことは、自分が一番糞ったれ野郎なんだ。何だか色々分かったような素振りをして突っ張って生きてきたけれど、結局何も分かっちゃいない、大馬鹿野郎なんだ、ってこと。


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-11 18:39 | - Other film | Comments(6)
Commented by nouilles-sautees at 2006-01-12 19:24
この映画、私は結構好きでした。

タイトルもいいですよね。

白人のナマっちょろいのが入ったらたいへんな目に合うからわざとボコボコにしてもらうとことか、その顔で出頭するラストとか、なかなかグッとくるものがありました。

エドやっぱりうまいなあとしみじみ思った映画でした。
Commented by amore_spacey at 2006-01-12 23:11
■nouilles-sauteesさんへ。
観る側の心の状態やら疲労の度合いが左右することって
多いですよね。最近なんだかやたら眠くてこの作品の青いシーンでは
爆睡してました( ̄∇ ̄;) 不覚なり~!

ラストシーンは、想像の世界だったのですよね。
え゜ーっ、あんなに大所帯の家族のおじーちゃんになって
幸せに暮らしましたとさ、ではあんまりだなーと
ぼんやりした頭で考えていたのです。これは何回も観ないと
いけませんね。
Commented by 大羽かミミ at 2006-01-14 10:37 x
面白そうだな。この人、やっぱ曲者だわ。カンパイしてる左のお兄さん誰?
Commented by amore_spacey at 2006-01-14 20:02
■羽を畳むと雀・ミミちゃんへ。
エドは大阪にいたこともあって、曲者です。
左の兄ちゃんは、あも姉の弟だよ~ん(^^)
見たことあるはず。だって『グリーンマイル』でトム・ハンクスたちと
共演してっから。嫌なヤツで出てるよ。バリーペッパーくんです。
Commented by 標準体型ミミやで! at 2006-01-17 22:05 x
へぇ~、そうなん。知らなかったよ~。あんがと。。エド君と関西弁。。似合う。。しし。。
Commented by amore_spacey at 2006-01-18 22:28
■でもそっぽむいたらあんまり可愛くないミミちゃんへ。
そのうちあも姉のところに、ケヴィが「すぱげっちーの茹で方おせーて」って来るかもしれないから、復習してるんどすぅ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バットマン・リターンズ (Ba... 十六歳の合衆国 The Uni... >>