マネーモンスター (Money Monster)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0362375.jpg
【あらすじ】 Lee Gates(George Clooney)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのPatty Fenn(Julia Roberts)の指示を聞かず、アドリブ全開でLeeが生放送に臨む中、拳銃を手にした男Kyle Budwell(Jack O'Connell)がスタジオに乱入してくる。彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、Leeを人質にして番組をジャック。さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようPattyに迫った。(作品の詳細はこちら) 


e0059574_0364768.jpg
e0059574_037792.jpg
機内上映第4弾。機内上映の作品を何本か観ていたら、軽食タイムになり、鮭のおにぎりを食べながら、この作品を観た。エーッ、これ、Jodie Fosterが監督なのね。Jodie、いや、本当に素晴らしい。子役スターが、こんなに成長するとは…感慨無量。

金融をテーマにしたサスペンス映画で、多少の専門知識は必要かもしれないが(より楽しめる)、なくても十分面白い。かなり都合よく話が進んでいく訳でもありますが(でないと収拾がつかないし)、まぁ許容範囲でしょうか。初めは軽薄そうなGeorge Clooneyにイラッとしたり、事件発生直後は自分の保身しか頭にない彼が、不快でたまらなかった。ま、おにぎり喰いながら、そんなコト言ってんじゃねぇって話ですが。苦笑


e0059574_0373086.jpg
e0059574_0374154.jpg
とか言ってる間にも、状況は刻々と変化していく。George扮するLeeの心情が徐々に犯人に傾き、一緒に不正を暴いていこうとしていく姿が、痛快で気持ちがいい。何よりも、生放送中に立てこもり事件が起きた!この緊迫感がたまらないではありませんか。

そんなLeeに的確な指示を出しながら、最悪の事態を避けるべく奮闘したPattyの姿も印象的。彼女にスポットを当てた訳ではないから、Pattyはスクープをとって手柄を立てたかったのか?悪を暴く公共に対する正義感があったのか?犯人に同情したのか?その辺りの心情が分かりづらかった。Pattyを演じたJulia姐は、縁の下の力持ち的で、地味ながらも圧倒的な存在感がありました。


[PR]
by amore_spacey | 2016-09-09 00:39 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< インサイダーズ/内部者たち (... マイアミ・ヴァイス (Miam... >>