インサイダーズ/内部者たち (Inside men)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_17404257.jpg
【あらすじ】 大統領選を控え、大手自動車会社のOh会長(Hong-pa Kim)は、与党新正党のJang Pil-woo(Kyeong-yeong Lee)に大金を投じ、政治をも牛耳ろうと画策していた。その糸を裏で引いていたのは、祖国日報主幹のジャーナリストLee Gang-hee(Yun-shik Baek)だった。彼の裏の仕事を請け負っていたAhn Sang-gu(Byung-hun Lee)に、極秘の裏金ファイルを回収するよう指示が下る。そのファイルの行方を、Woo Jang-hoon検事(Seung-woo Cho)が追跡調査していた。財閥と政治家とマスコミの強大な癒着による権力争いに迫る社会派ドラマ。Tae-Ho Yoonの漫画を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_17405347.jpg
e0059574_17411335.jpg
e0059574_17412498.jpg
e0059574_17421332.jpg
機内上映作品のレビューはお休み。さて久々のアジア作品、しかもビョン吉がメッチャカッコいい。ただカッコいいだけじゃなくて、演技力が素晴らしいのだ。七変化、カメレオンですよ。いやぁ、ビョン吉に殺られました。

オープニングから、私のハートはビョン吉に鷲づかみ。冒頭の彼の記者会見で、「えっ、何で手袋なんかしてんの?」と思ったら、義手。「え、なんでそんなことに?」と、前のめりにならずには居られない。つかみは万全。ここから過去に遡って、ストーリーが始まる。

腐敗した韓国社会、その裏で暗躍する策士(Yun-shik Baek)とチンピラ(Byung-hun Lee)と検事(Seung-woo Cho)3人の男たちの三つ巴合戦と聞けば、観ないではいられない。キャスティングもバッチグー。裏切りや騙し合いで最後まで勝敗が読めず、いっときも目が離せない。お約束の生々しいシーンもてんこ盛りだけど、小気味のよいテンポで展開し、なかなか爽快なフィナーレが待っている。


e0059574_1749303.jpg
e0059574_17445416.jpg
ジャーナリストLee Gang-hee、おぬしは食えぬヤツじゃのう。さすが年の功だけある。不死鳥だ。対するWoo検事は、まだまだヒヨッコで青い。でもこの3人の中で、一番クールで安心できる存在だった。


[PR]
by amore_spacey | 2016-09-11 17:56 | - Asian film | Comments(2)
Commented by 松たけ子 at 2016-09-21 00:09 x
amoreさん、こんばんは!
きゃー!ビョン吉、サランヘ~♡アナジョヨ~♡♡抱いて!今すぐ抱いて!
すんません、心乱れてしまいました♪ほんとビョン吉、いい男ですよね~。惚れ惚れするわ~。いろんな役やってる彼ですが、やっぱ最も似合うのは黒社会の男役ですよ!ヤーさん演じてるビョン吉がチョアチョア!チンピラ風もビシっとスーツも、非カタギなカッコよさがたまらんわ~。早く観ねば(^^♪
Commented by amore_spacey at 2016-09-27 17:43
☆ 松たけ子さんへ。
お返事が遅くなってゴメンなさい。心乱れるばかりでなく、身体は悶えっ放し。ビョン吉が出すオーラって凄いです。暗黒街が似合う男、韓国のAlain Delonってとこですかね?んでも、ふっとした表情が野沢直子に被っちゃって、何か笑えますが、それは私の頭のネジが緩んでいるからかもしれません。ビョン吉と言えば、日本では来年ロードショー予定の『マグニフィセント・セブン』でも、寡黙なナイフ投げの名手として大活躍してますよ。乞うご期待!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ダークナイト・ライジング (T... マネーモンスター (Money... >>